« デボーションメール20120130 | トップページ | デボーションメール20120201 »

2012年1月31日 (火)

デボーションメール20120131

■ヨブ1:21そして言った。「私は裸で母の胎から出て来た。また、裸で私はかしこに帰ろう。主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな。」1:22ヨブはこのようになっても罪を犯さず、神に愚痴をこぼさなかった。

★次々に試練が臨み、遂には7人の息子と3人の娘が天災で亡くなった時にヨブが語った言葉が上の内容です。十字架に釘付けられた一番苦しいその時、キリストは「父よ彼らをおゆるしください。」と祈られました。人は最も苦しいその時、どんな言葉を語るかでその人の内面を表すことになるのです。そしてヨブは上の言葉を語ります。あなたは「その」試練の中でどんな言葉を語りますか。

聖書には実に様々な人物が登場します。

ヨブはまさにクリスチャンの鏡のような人だと私は思っています。

私はこのような試練に出逢ったことはありません。

いったい私はどんな言葉を語るのでしょう?

神様にうらみつらみを言うかもしれません。
でも、結局は神様にすがるしかない私がそこにいるのです。

それさえ忘れなければ少なくとも
恨みがましいことをグダグダいうようなことはしないでいられるのではないか
と思っています。

 

■使徒6:8さて、ステパノは恵みと力とに満ち、人々の間で、すばらしい不思議なわざとしるしを行っていた。……6:15議会で席に着いていた人々はみな、ステパノに目を注いだ。すると彼の顔は御使いの顔のように見えた。

★教会でおこった差別の問題の解決のために立ち上がったステパノ。自分の人生を捧げて主と教会に仕えていたら、彼は聖霊に満たされいつの間にか天使の様に輝いていたのです。人は与えることを通して輝き、より祝福されます。何をどれだけ持っているかではなく、持っている者を神と人のためにどれだけ捧げるか、すなわち貢献の人生を選び取るかで人は違った人生を歩みます。「受けるよりは、与える方が幸いである」と語られた主のことばを心に留め、実際の行動に生かしましょう。ヒデ

ステパノと言えば石に打たれて亡くなった人…、そう頭に浮かびます。

彼は信仰ゆえに、その命を石打ちによって奪われたのですが、

息をひきとるその瞬間もその心はしっかり主に向けられていたことでしょう。

ひとはどれだけ持っているかではなく、どれだけ与えられるかでその値打ちが決まります。

« デボーションメール20120130 | トップページ | デボーションメール20120201 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/44788140

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120131:

« デボーションメール20120130 | トップページ | デボーションメール20120201 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ