« デボーションメール20120212 | トップページ | デボーションメール20120214 »

2012年2月13日 (月)

デボーションメール20120213

■マルコ5:41そして、その子どもの手を取って、「タリタ、クミ」と言われた。(訳して言えば、「少女よ。あなたに言う。起きなさい」という意味である。)5:42すると、少女はすぐさま起き上がり、歩き始めた。

★会堂管理者ヤイロの娘が重い病で死にそうな時、ヤイロは主を訪れ、娘の癒しを懇願します。ところが少女のもとに向かう途中ハプニングが。長血を患った婦人に主が時間をとる中、ヤイロの娘は息を引き取ってしまったのです。「恐れないで、ただ信じていなさい。」とはその時語られた主のことばです。結果はどうでしょう。上の御言葉の通りで少女は主によって甦らされます。あなたは目に見える課題に支配され過ぎていませんか、すでに諦めてしまってはいませんか、しかしここから教えられること、それは主は問題よりよりも大いなる方、主にあっては遅すぎることはないと言うことです。神様はご自身を愛するものと共に働いて全てのことを最善になすことのできるお方です。信じましょう。

キリストの行った奇蹟のひとつです。
死人を生き返らせるなどということは神様にしかできません。
人はすぐに奇蹟を求めます。

でもキリスト教は御利益宗教ではありません。
この奇蹟の本当の意味を知らなくてはならないと思います。


■マルコ6:50というのは、みなイエスを見ておびえてしまったからである。しかし、イエスはすぐに彼らに話しかけ、「しっかりしなさい。わたしだ。恐れることはない」と言われた。6:51そして舟に乗り込まれると、風がやんだ。彼らの心中の驚きは非常なものであった。

★湖の向こう岸に渡ろうとするものの嵐のためにこぎあぐねる弟子たち。主は湖の上を歩いてそこにあらわれました。幽霊だと驚き戸惑う弟子たちに主は上のことばをかけられ、彼らの舟に乗り込んだのです。その結果は御言葉の通りです。問題の大きさが問題ではなりません。問題よりも大きなお方があなたの傍らにいて下さるのにそれに気づかず、自分だけで人生を乗り越えようとすることが問題です。あなたの人生に主をお迎えしましょう。主は助けて下さいます。ヒデ

私こそ、どこかで、自分だけで人生を乗り越えようとしてはいないでしょうか?
神様に全てを委ねる人生でありたいものです。

« デボーションメール20120212 | トップページ | デボーションメール20120214 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/44788247

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120213:

« デボーションメール20120212 | トップページ | デボーションメール20120214 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ