« デボーションメール20120225 | トップページ | 罪のゆるし »

2012年2月26日 (日)

デボーションメール20120226

■1コリント12:26もし一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、もし一つの部分が尊ばれれば、すべての部分がともに喜ぶのです。12:27あなたがたはキリストのからだであって、ひとりひとりは各器官なのです。 ★「身体が備えられた目的は」との質問がゆるされるななら、その答えの一つに、「内にあるいのちを表現するため」と言うことができるでしょう。教会もそのことはしかりで、神様はキリストの身体なる教会を通してご自身のいのちを世に現そうとなさいました。そのために求められるのが、御心に基づく一致です。私たちの努力や力で一致できるものではありません。聖霊様に触れられるときひとつとなりえるのです。聖霊様すなわち御霊様は生ける神様で、リアルなお方です。そしてこのお方はみこころのままに、おのおのそれぞれに賜物を分け与えて下さるのです。聖霊様を歓迎しましょう。心の内でこのお方を認めましょう。このお方がお互いの上に臨みそれぞれの心を満たし、溢れて下さるように求めましょう。イエス様は、復活昇天なさるとき「聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」と語られました。この世が、キリストの身体である私たちの交わりと愛の行いによって希望を抱くことができるようになり、癒しを受け取ることができますように。 聖霊様、聖霊様、 私はよくわかっていません。 主とは、キリストとはなんぞや、 とたずねられれば 一言で・・・。 私をお造りになった方です。 あるいは天地万物の創造主、 キリストは救い主、 天の父なる主を太陽とすれば、イエス・キリストは光線に値する御方で、 天の父なる神と同格とみなすことができます・・・ とその部分だけは誰かの受け売りで答えます。 しかし聖霊様、についてはうまく言えないのです。 聖霊様って何?と私に尋ねる人もありませんが。

« デボーションメール20120225 | トップページ | 罪のゆるし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/44788837

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120226:

« デボーションメール20120225 | トップページ | 罪のゆるし »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ