« デボーションメール20120302 | トップページ | デボーションメール20120304 »

2012年3月 3日 (土)

デボーションメール20120303

■詩篇124:2「もしも主が私たちの味方でなかったなら、人々が私たちに逆らって立ち上がったとき、124:3そのとき、彼らは私たちを生きたままのみこんだであろう。彼らの怒りが私たちに向かって燃え上がったとき、124:4そのとき、大水は私たちを押し流し、流れは私たちを越えて行ったであろう。

★「もしも主が…」との前提に立って主の恵みを確認しょうとする筆者の心がよく表されています。ややもするなら神様の恵みを、当たり前の事としてしまいがちなお互いにとって耳を傾けるべきメッセージではないでしょうか。あなにとって心に刻むべき「もしも主が…」とは何でしょうか?

誰も空気にいちいち感謝することはないでしょう。
神様、これから呼吸させていただきます、と言って
息を吸ったり吐いたりするひともめずらしいでしょう。
かぞえてみよ、主の恵、ですが
数え切れるものではなく数えることのできるものでもないでしょう。
けれど一つ一つ思い起こすことにより喜びが増します。
あれがない、これがない、と思い煩うことは多いのですが、
自分にはこれがある、あれがある、
と、数え上げてみるのは私にとってすごくいいことです。
この地球上で私が生かされているのはほんとうに奇跡的です。
例えば、太陽からの距離、地球自身の大きさ、など
どれもほんの少し条件が違えば人間の存在はあり得ません。
こういうことを神様は普通になさるお方なのです。



■2コリント12:6たとい私が誇りたいと思ったとしても、愚か者にはなりません。真実のことを話すのだからです。しかし、誇ることは控えましょう。私について見ること、私から聞くこと以上に、人が私を過大に評価するといけないからです。

★主を知らない場合、人の前に自分をより大い者として見せたい、これが多くの人が抱く価値観ではないでしょうか。しかしパウロは「過大に評価されることかないように」でした。ここに本当は人を自由にする秘訣があるのです。あなたはすでにありのままを生きる自由を体験していらっしゃいますか。

自分自身の弱さを誇る、
この部分は何度読み返してみても
説き証しをしていただかないとちんぷんかんぷんです。
パウロは高慢を戒めています。
高慢は人間にとって最も恐ろしい症状です。
しかも自覚症状がない。
また、自分を裁いてもいけないのです。
あるがままの自分をさらけ出すことができますように。



2コリント12:8私たちは、真理に逆らっては何をすることもできず、真理のためなら、何でもできるのです。

★不思議です。真理は一度人を縛り不自由にします。真理が自分の外にあるからです。しかし、真理を受け入れたなら、人は真理で守られ、強められ自由を生きれる者となります。あなたはこの奥義をお分かり頂けますか。ヒデ

わたしたちは真理に逆らっては何をする力もなく、真理に従えば力がある。13:8
真理とはわたしに力を与えてくれるものなのだなぁ。

真理は本来私にとって無理のないものである

そこからはずれようとすると、

…確かにしんどい。

« デボーションメール20120302 | トップページ | デボーションメール20120304 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/44788892

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120303:

« デボーションメール20120302 | トップページ | デボーションメール20120304 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ