« デボーションメール20120303 | トップページ | デボーションメール20120305 »

2012年3月 4日 (日)

デボーションメール20120304

■マタイ1:19夫のヨセフは正しい人であって、彼女をさらし者にはしたくなかったので、内密に去らせようと決めた。1:20彼がこのことを思い巡らしていたとき、主の使いが夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。その胎に宿っているものは聖霊によるのです。

★神様を畏れる者に与えられる特権がここに。人には、どうにも越えることのできない課題が時に立ちはだかるものです。それを越えさせて下さるお方は誰でしょう。「恐れないで……」と語りかけて下さる神様以外にありません。自らの正しさにだけではどうにもならない時、ヨセフのように神様の恵みを受け取って生きるものとさせて頂きましょう。

ヨセフはマリヤを責めることもなくひそかに離縁しようとしました。

マリヤにもある意味災難であったかもしれません。
周囲からは不貞を働いたように思われ、
彼女の人格がおとしめられたかのようです。
けれどマリヤも神様の恵みを受け取りました。
エルグレコの『受胎告知』を見ました。
マリヤは天使の方を振り向いています。
そして手を挙げ、
神様に従う意思を表しています。

私も神様に従う者でありたい。

その思いはあるのですが、
罪にまみれ汚れきっている自分がいます。



■マタイ3:8それなら、悔い改めにふさわしい実を結びなさい。3:9『われわれの父はアブラハムだ』と心の中で言うような考えではいけない。あなたがたに言っておくが、神は、この石ころからでも、アブラハムの子孫を起こすことがおできになるのです。

★残念かな人は、いつの間にか高慢の霊に取り憑かれ、横柄な態度となり、時に取り返しのつかない程の失敗さえ犯す者です。バプテスマのヨハネはそのことを意識してか直言をもって民の心を正します。その結果、聞く耳のある人は悔い改めに導かれ、生活の変化をもって命を得ます。逆は次第に心頑なになり回復が困難となるでしょう。神様にある直言は恵みと受けとめましょう。

そうでした、
私も気づかないうちに高慢の霊にとりつかれています。
気を引き締めて、自分の弱さを誇ろう。

本当の意味でのプライドは遜った時にこそ活きてくるもの。
ここに卑下と謙遜の大きな相違があるのでは?

クリスチャンとしてのプライドがあるなら、

あくまでも遜ったものであらねばならないと思う。



■マタイ4:11すると悪魔はイエスを離れて行き、見よ、御使いたちが近づいて来て仕えた。

★さまざまな支えはあります。しかし、罪の誘惑を断ち切るのは自分の意志が不可欠です。神様の御腕の中に落ち込む決断をなし、神様の助けと恵みの中を生きましょう。ヒデ

サタンは神様から受けるべき礼拝を自分が受けたい
と思っているそうです。
サタンといえど神様の支配下にあるのだそうです。
神様のゆるしがなくてはサタンさえ何もできない。


« デボーションメール20120303 | トップページ | デボーションメール20120305 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/44788894

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120304:

« デボーションメール20120303 | トップページ | デボーションメール20120305 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ