« デボーションメール20120306 | トップページ | デボーションメール20120308 »

2012年3月 7日 (水)

デボーションメール20120307

■マタイ11:28すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。11:29わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。11:30わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」

★最も多くの人に安らぎを与えた御言葉かもしれません。合わせて最も多く誤解されている御言葉かも知れません。それは安らぎを得る秘訣についてです。安らぎはただ重荷を下ろすだけでは与えられません。ふさわしいお方、すなわち主が負わせて下さるくびきを負うとこによって与えられるものです。キリストにあって必要とされている。お役に立てている、貢献できた。それがあなたに満足と安心を与えるのです。あなたは社会的存在です。

昨年は、私の通う教会の創立50周年でした。
記念誌を作製するにあたり自分の好きなみことば、賛美を
書き添えることになったのですが、

みことばは、迷わずにマタイ11章28節を選びました。
あなたがたを休ませてあげよう、
と主はおっしゃっています。
自身の力でどうにかしようともがく必要はない。
そして、イエスさま御自身と同じくびきを負うということがとても大切なように思います。

歩調を合わせてともに歩ませていただきたいものです。
実は私は、イエス様におぶっていただいている者です。



■マタイ12:49それから、イエスは手を弟子たちのほうに差し伸べて言われた。「見なさい。わたしの母、わたしの兄弟たちです。12:50天におられるわたしの父のみこころを行う者はだれでも、わたしの兄弟、姉妹、また母なのです。」

★イエス様はマリヤと実の兄弟を軽んじ切り捨てたのではありません。むしろその輪を広げ、家族の輪の中に人々を招き入れたのです。あなたもキリストにあって神の国の家族です。

イエス様は御自身を産み育てた母マリヤを軽んじるようなことは決してなさいません。
皆が神の家族であるようにと祈っていらっしゃるのだと思いました。



■マタイ13:57こうして、彼らはイエスにつまずいた。しかし、イエスは彼らに言われた。「預言者が尊敬されないのは、自分の郷里、家族の間だけです。」13:58そして、イエスは、彼らの不信仰のゆえに、そこでは多くの奇蹟をなさらなかった。

★もの事を人間的、表面的にしか見ない不信仰は、あなたの生涯に注がれる恵みを留めます。なんと幸いなことでしょう。「あなたこそ生ける神の子キリストです。」と言い得ることは。ヒデ

少し前のことになりますが、
この個所が説教題に選ばれたことがありました。
一生懸命聴いたはずなのに、
なるほどと納得したはずなのに、
今ここで反芻しようとしてもまとまりません。

自分の信仰が自らを救う…。

祈りたいと思います。


« デボーションメール20120306 | トップページ | デボーションメール20120308 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/44788921

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120307:

« デボーションメール20120306 | トップページ | デボーションメール20120308 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ