« デボーションメール20120309 | トップページ | デボーションメール20120311 »

2012年3月10日 (土)

デボーションメール20120310

■マタイ20:12言った。『この最後の連中は一時間しか働かなかったのに、あなたは私たちと同じにしました。私たちは一日中、労苦と焼けるような暑さを辛抱したのです。』20:13しかし、彼はそのひとりに答えて言った。『友よ。私はあなたに何も不当なことはしていない。あなたは私と一デナリの約束をしたではありませんか。20:14自分の分を取って帰りなさい。ただ私としては、この最後の人にも、あなたと同じだけ上げたいのです。

★聖書にあらわされたキリストの人格に関して、個人的には最もひかれる箇所です。働きたくても働けない人のためには、一日1デナリ、すなわち人が生きていく上で必要なものは与えられるべきである。そして強い人には「友よ」と語りかけ、父なる神様の心を共有して欲しいと願われる主。このお方にお仕え出来る光栄を覚えます。

私たちは神様にはなれないけれど
神様の御心を共有することはできる。
いつも私に愛と御恵を注いで下さり、
ゆるしの神、救いの神として臨んで下さる天のお父様。
私も誰かをゆるさなくてはならないことがあります。
誰かを救えることがあるかもしれません。
何かとてもおこがましい気がするのですが、
神様が私を用いて下さろうとしていらっしゃる時があるかもしれない、
と少しあつかましいことも考えています。
まずは自分自身が最もゆるしていただかなくてはならない存在、
最も救っていただかなくてはならない存在である
ということを忘れないでいよう。



■マタイ21:27そこで、彼らはイエスに答えて、「わかりません」と言った。イエスもまた彼らにこう言われた。「わたしも、何の権威によってこれらのことをするのか、あなたがたに話すまい。

★イエス様の問いかけに「わかりません」と答えた祭司長、民の長老たちは、なぜそのように答えたのでしょう。それは立場の弱い人を守るためでも、真理を重んずるためでもなく、ただ自分たちの立場を不利な状況に置きたくなく、自己弁護、自己義認に生きるためでした。要するに彼らはただ卑怯だったのです。自分の立場が悪くなると逃げるよりも、むしろ真実や本質が明らかになる中、変わらなければならないのが自分であることに気づかされたなら、その中に飛び込み、主が憐れみ自分をどのように作り変えて下さるのか、信頼して主の御手に自らを委ねる者でありたいものです。ヒデ

ここは一種の詭弁的な要素が?
天からと答えても人からと答えても自分たちの立場を危うくする、
と考えたからわからない、と答える。
イエス様は当然彼らの意図は心得ていらっしゃるので、
初めからお話になる気はなかったものと思われるのです。
祭司長や民の長老たちは自分たちの権威を護ろうとする。
誰に対してより自分自身に対し、
私も言いわけ、言い逃ればかり。
もっと主に憐みを求め主の御前に自己を投げだせるように。



« デボーションメール20120309 | トップページ | デボーションメール20120311 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/44788938

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120310:

« デボーションメール20120309 | トップページ | デボーションメール20120311 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ