« デボーションメール20120323 | トップページ | デボーションメール20120325 »

2012年3月24日 (土)

デボーションメール20120324

■テトス1:15きよい人々には、すべてのものがきよいのです。しかし、汚れた、不信仰な人々には、何一つきよいものはありません。それどころか、その知性と良心までも汚れています。

★あなたが何を信じるかによって、あなたはきよくもなれ、汚れの生涯を生きることにもなります。外の顔かたちではない、心を見られる神様の前に、愛を動機として歩みましょう。

そういえばそのひとを知りたければその友達をみろ、
と言われます。
それならば私は、イエス様を友として歩みたい。



■テトス2:14キリストが私たちのためにご自身をささげられたのは、私たちをすべての不法から贖い出し、良いわざに熱心なご自分の民を、ご自分のためにきよめるためでした。

★まったくそのとおりです。アーメンと唱え、父なる神様に栄光をお返ししましょう。

人が栄光から栄光へときよめられるのは人の努力によるのではありません。主の愛への感謝があなたをきよくするのです。もし「あなたは罪人ですね」と言われたら、何と応えるでしょう。願わくはあなたの答えが「はい、そのとおりです。」でありますように。

再臨の日に責められるべきものがないようにしたいと思うのに、
私は罪だらけ。
しかし責められるべきがないようにしたいと思っても
それは私が努力してもだめなのです。
栄光の清めを受けることが
神様に栄光を捧げ、お返しすることになるのでしょうか?



■テトス3:5神は、私たちが行った義のわざによってではなく、ご自分のあわれみのゆえに、聖霊による、新生と更新との洗いをもって私たちを救ってくださいました。3:6神は、この聖霊を、私たちの救い主なるイエス・キリストによって、私たちに豊かに注いでくださったのです。

★天のお父様は誰も誇るものがないようにと、イエス・キリストのあがないと聖霊の御力を信じ受け入れるものをよしとして下さいます。そして今も聖霊を注ぎ続けて下さっています。あなたは聖霊なる神様を信じていますか。認めていますか。心を開いて、その支配を歓迎していますか。生けるお方を、生けるお方とすることが祝福の生涯の秘訣です。ヒデ

誇るべきは主であります。
主にあれば安心を得られます。
いつの頃からか、
今が平和であっても明日がそうであるという保証はない、

と思うようになり、そんなことばかり考えるようになりました。
世の中はどんどん気温が上昇している。
それでなくても暑がりの私はどうなるんだ?
かと言ってエアコンの効いた部屋の中にばかりいたくない、
そんなことになったら…私は生きられないじゃないか、
そんなことを思うようになりました。
近年あまりに仕事に追われ続けたので、
頭の中には仕事のことしかなくなってしまいました。
今、少し時間ができたのですが、
不思議と以前ほど思わなくなりました。
主による支配なのでしょうか?
主は生きていらっしゃる、
この世で本当にたいせつなことは目にみえない、
キツネのセリフを思い出します。
むしろ、目に見えないことの大切さに私は気づかなければならない。



« デボーションメール20120323 | トップページ | デボーションメール20120325 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/44789442

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120324:

« デボーションメール20120323 | トップページ | デボーションメール20120325 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ