« 昨夜の祈祷会 | トップページ | デボーションメール20120414 »

2012年4月13日 (金)

デボーションメール20120413

■黙示録14:14また、私は見た。見よ。白い雲が起こり、その雲に人の子のような方が乗っておられた。頭には金の冠をかぶり、手には鋭いかまを持っておられた。14:15すると、もうひとりの御使いが聖所から出て来て、雲に乗っておられる方に向かって大声で叫んだ。「かまを入れて刈り取ってください。地の穀物は実ったので、取り入れる時が来ましたから。」

★人のこの様な方とはイエス・キリストです。遂に言われなく虐げられ、いのちを傷つけられた人々が酬われる時が来ます。「主よいつまでですか」との苦しみに終止符が打たれる正しい裁きの時が来るのです。主は「報復は私のすることである」と、人が人を裁きく事を通して裁く人が、自らを神様の立場に置くことを願われませんが、その分ご自身が立ち上がられる時が遂に来たのです。裁きがはじまることはまた、完成の近いことを意味します。その分同じこの14章で語られる「14:6また私は、もうひとりの御使いが中天を飛ぶのを見た。彼は、地上に住む人々、すなわち、あらゆる国民、部族、国語、民族に宣べ伝えるために、永遠の福音を携えていた。 14:7 彼は大声で言った。『神を恐れ、神をあがめよ。神のさばきの時が来たからである。天と地と海と水の源を創造した方を拝め。』」を重く受けとめる人は幸いです。ヒデ

黙示録を読むとこわい、と思うのは、
これが過去のことではなくこれから起こることだから?
イエスさまについ書かれてあることは過去に実際に起こったできごと。

もちろんイエス様は私の目に見えないだけで
今この時も、生きて働いていらっしゃることに変わりはありません。

でもこれから再臨の時を迎えるには・・・
あまりに私が罪深い人間だから、

どんな裁きがくだされるのだろうかとびびっている?

それでは悪いことしたらバチがあたるぞ、というのと何にもかわりません。

自分の浅はかさをつくづく思い知らされています。

« 昨夜の祈祷会 | トップページ | デボーションメール20120414 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/44897506

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120413:

« 昨夜の祈祷会 | トップページ | デボーションメール20120414 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ