« デボーションメール20120415 | トップページ | デボーションメール20120417 »

2012年4月16日 (月)

デボーションメール20120416

■創世記4:9主はカインに、「あなたの弟アベルは、どこにいるのか」と問われた。カインは答えた。「知りません。私は、自分の弟の番人なのでしょうか。」

★神様との交わりのために造られたアダムとエバの長男カインの言葉です。関係・つながり中心の価値観に生きることを願われた神様の御心に対して、罪は人を功績中心の価値観へと誘いました。功績中心は人を殺し、自分を生かすこともできません。

先日の祈祷会のとき、
様がアベルの供え物を顧みられたのにカインのそれを顧みられなかったのか、
というお話が出ました。
カイン地を耕す人で、アベルは狩りをする人です。
なぜそれぞれそのように定められたのでしょうか?
私の嫁ぎ先は農家です。
りはしませんが、毎年穀物を作ってお米を出荷しています。
家はカインの子孫なんだろうか?
ふと思いました。

■創世

★誰を産み、何年生きたのか。アダムの子孫の系譜です。しかし最後はみな「死んだ。」で締めくくられます。人に必ず訪れる死。この死に向かってよき備えをする人は幸いです。

死に向かって、蟻のようにせっせと蓄える、
天国への積立。
私は蟻でありたい、せっせと蓄えたいのですが、どうでしょうか?

■創世記6:18しかし、わたしは、あなたと契約を結ぼう。あなたは、あなたの息子たち、あなたの妻、それにあなたの息子たちの妻といっしょに箱舟に入りなさい。

★神様がノアに語られた言葉で、これはまた5章の死に対する答えでもあります。箱舟に入りなさい。かつてノアは自分でそれを造りました。しかしあなたの為にはキリストが十字架の救いという箱舟を備えて下さいました。家族と一緒に入りましょう。

そうでした、私は汗水たらして箱舟を造らなくてもよかったのでした。
私だけでなく、家族もともに救われたいものです。
実家の母を教会に誘ってみました。
駅から歩けたら一緒に行けるのにね・・・、
でも母は、教会は敷居が高くて、と言いました。
世間にありがちな教会への認識だと思いました。
伝道って無理強いできないし、その人をつまずかせてしまったら、
何にもなりません。
ただ教会って何?と聞かれたら少しくらいは説明できる自分でありたい。

■創世記7:16入ったものは、すべての肉なるものの雄と雌であって、神がノアに命じられたとおりであった。それから、主は、彼のうしろの戸を閉ざされた。

★世の不義に対し、「主よいつまでですか」と嘆く人がありますか。信頼しましょう。正しい裁きの為に必ず立ち上がられる神様がおられます。ヒデ

いつまでたっても不義はなくならず、自分がその筆頭にたっていると思うと、
なぜ自分はこうなんだろかと嘆かわしい気持ちになります。

« デボーションメール20120415 | トップページ | デボーションメール20120417 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/44899515

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120416:

« デボーションメール20120415 | トップページ | デボーションメール20120417 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ