« デボーションメール20120425 | トップページ | デボーションメール20120427 »

2012年4月26日 (木)

デボーションメール20120426

■創世記35:3そうして私たちは立って、ベテルに上って行こう。私はそこで、私の苦難の日に私に答え、私の歩いた道に、いつも私とともにおられた神に祭壇を築こう。」

★降りかかった災いを通して、かつて神様と約束した地へと、出で立つことになったヤコブ。そのことを通して部族全体に聖別が与えられることに。あなたは留まるべき所でない所に留まっていることはありませんか。御使いが天より上り下りし、あなたに語り、あなたを助けるその所であゆむ人は幸いです。


私が留まるべきところはどこでしょう?
いつも神様が私に働きかけて下さっているところ。
ヤコブは約束の地に向けて旅立ちましたが、
私も霊的な旅立ちをしました。


■創世記36:6エサウは、その妻たち、息子、娘たち、その家のすべての者、その群れとすべての家畜、カナンの地で得た全財産を携え、弟ヤコブから離れてほかの地へ行った。

★兄エソウの弟ヤコブへの思いやりを感じます。エソウは争うことなくヤコブにカナンの地を譲るのです。そんなエソウをヤコブ同様、神様は覚えておられます。あなたはゆずれる人ですか。押しのける人ですか。多くの人の隠れた善意によって今日ある恵みを感謝しましょう。

神様に感謝するだけでなく、
周囲の方々にも感謝。
助けていただき、ゆるしてもらいながら
ここまで来させていただきました。
有難うのことばを伝えたい。
有難うと言えてない、
また、して下さったことに
気づいてさえいないこともあると思います。
神様が配して下さった方々、
神様のその御恵みに感謝を。



■創世記37:3イスラエルは、彼の息子たちのだれよりもヨセフを愛していた。それはヨセフが彼の年寄り子であったからである。それで彼はヨセフに、そでつきの長服を作ってやっていた。

★エジプトで宰相となったヨセフ物語の始まりです。イスラエルとなった父ヤコブのヨセフへの溺愛が他の兄弟たちに憎しみをもたらし、家族に思わぬ災いをもたらします。どこまでも神様の恵みと憐れみなくしては、どうにもならない自分の姿とだぶります。完全なのでイスラエルとされたヤコブなのか。そうではなく神様の選びと恵みによってイスラエルとされるヤコブなのか。なお完成に向けたヤコブの人生は続きます。ヒデ

年寄り子、ときどき母がくちにします。

年寄り子だから可愛いのよね、
年寄り子だから甘やかされている、
いい意味に使われない場合も多いようです。
ヤコブもやっぱりヨセフを溺愛したんですね、
たくさん子供がいるとえこひいきするんでしょうか?

私には二人、娘がいますが、

一度づつくらい、
お母さんは○○ちゃん(姉妹の名前)の方が可愛いんでしょ!
なんてことを言われたかなあ。
ば・か・も・の、
あんたたちはそれぞれ違う人間で違う性格だから
愛情の現れ方もちがうんだ、

今は貴女に腹をたててるから
その分ちょっとにくたらしいと思ってるかも。
でも、しばらくしたら忘れる。

多分、本人は本気で言ってません。
それがわかるので、
言っていいことと悪いことがあると
知ってもらいたいです。

まるで自分をみているようだと思うこともしょっちゅうで、
いやなとこばっかり似たねえ、
としみじみ語ると
あたりまえ、おかあさんの娘やから、
と、ぼそぼそ。

« デボーションメール20120425 | トップページ | デボーションメール20120427 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/45029689

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120426:

« デボーションメール20120425 | トップページ | デボーションメール20120427 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ