« デボーションメール20120513 | トップページ | キリストは生きていらっしゃる、目にみえないだけ »

2012年5月14日 (月)

デボーションメール20120514

■出エジプト36:3彼らは、聖所の奉仕の仕事をするためにイスラエル人が持って来たすべての奉納物をモーセから受け取った。しかしイスラエル人は、なおも朝ごとに、進んでささげるささげ物を彼のところに持って来た。

★聖所で仕える祭司の働きのために、イスラエルの人々は定められた以上の奉納物をささげようと、朝ごとにやって来ました。主への感謝の応答としての自発の心です。これがまさに朝の聖書通読、ディボーションの心です。あなたの内にかつてのイスラエルの民の内にあった同じ主を愛する心が与えられていることに感謝。

★契約の箱の上の造りです。「贖いのふた」を一心に見つめるケルビムを通して、神様の関心が何かを鮮やかに示します。すわわちそれは罪の赦し。ひとりも滅びる事を願われず今も時を長くしている主の心です。急がれ、求められるのは福音宣教です。

ケルビムが見つめる贖いの蓋、契約の箱。
神様の罪の赦しへの関心。
先日国家とクリスチャンの関係について聖研でのお話がありました。
日本ではクリスチャンが人口の1%に過ぎない、
どうしてもこれを越えられない、
日本におけるキリスト教の歴史が語られました。
国家権力に屈したかつてのクリスチャンがいました。
今は信仰の自由が認められていますが、
迫害の世で命をかけて信仰を守り通すことができるだろうか。
このことに関しては私自身、思いが揺れ動きます。
数字でみるかぎり日本人はたった1%しか救われていません。
福音を伝えともに救われたい、
という気持ちはあるのですが…



■出エジプト38:3彼は、祭壇のすべての用具、すなわち、つぼ、十能、鉢、肉刺し、火皿を作った。そのすべての用具を青銅で作った。

すすんでささげるささげ物、

すすんですることが大切なのです。
自発的であることを主は喜んで下さいます。
早朝、祈りをささげデボーションする、
とおっしゃったM兄。
世も明けやらぬうちから川原へ行き
長い長い祈りを捧げていらっしゃる牧師先生。

うわ、そんなに早くから起きられない、と思いました。
信仰生活の長さと歩みを感じます。
私も自分の歩みを大切にできますように。



■出エジプト37:9ケルビムは翼を上のほうに伸べ広げ、その翼で「贖いのふた」をおおい、ケルビムは互いに向かい合い、その顔は「贖いのふた」に向いていた。

★主の幕屋の建設を託されたベツァルエルの取り組みです。ひとつひとつ忠実に働きを進めます。そしてその働きは神様の前に覚えられています。人の前にではありません。神様の前に最高の仕事をするのです。隠れた所も、人の目に映るところも同様です。人の関心に心奪われれば罠に陥ります。報いは主から与えられるのです。ヒデ

神様の前に最高の仕事、
人の目ではなく神様の前に覚えられる仕事、
私の今の仕事ってなに?
なんにもしてないじゃないか。
実に、やましい。


先日、講演会のチラシを配布しました。
こっそり郵便受けに入れるのではなくできれば手渡していただきたい、
そうおっしゃったのに、わずかにお一人をのぞき、
やはり郵便受けにいれることしかできませんでした。

異端教会がビラやチラシの配布を禁じられた記事をみました。
私の通う教会はもちろん異端などではありません。
世間のひとからは異端であろうとなかろうと、
いっしょくたにされがちです。
もうチラシを入れないで、とか、声をかけないで、
と言われたらどうしよう、と思いました。

講演会が終わればチラシはその役目を終えます。
ただのゴミになってしまいます。
私のボックスにはいっていたチラシは20枚もありませんが
手元にずっと置くわけにはいきません。
私はそれを処分しなければなりません。
けれど、それはできません。
どんな形であってもちらしは配られなければならない。

やっぱり、配りっぱなしのチラシ、になってしまいました。
少なくとも、私は自分自身の手でチラシを処分しなくて済んだわけです…
ったく私は何をやっているんだろう。

« デボーションメール20120513 | トップページ | キリストは生きていらっしゃる、目にみえないだけ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/45251038

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120514:

« デボーションメール20120513 | トップページ | キリストは生きていらっしゃる、目にみえないだけ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ