« キリストは生きていらっしゃる、目にみえないだけ | トップページ | デボーションメール20120516 »

2012年5月15日 (火)

デボーションメール20120515

■出エジプト39:6彼らは、しまめのうを、金のわくにはめ込み、これに印を彫るようにして、イスラエルの子らの名を彫った。39:7彼らはそれをエポデの肩当てにつけ、主がモーセに命じられたとおりに、イスラエルの子らの記念の石とした。

★祭司が身につけるエポデ、そこに刻まれたのはイスラエル12部族の名前です。あなたも神様によって召し出された神の皇太子。イエス様の胸にはあなたの名前が刻まれています。光り輝く宝石として。日ごとに天であなたのために父なる神様の前に出てとりなして下さるお方があることを感謝しましょう。聖書には「したがって、ご自分によって神に近づく人々を、完全に救うことがおできになります。キリストはいつも生きていて、彼らのために、とりなしをしておられるからです。」(ヘブル7:25)と主の天上での働きを証します。

なぜ、イスラエルの子らが選ばれたのか?
それ以外の人は救われないんではないのか?
と誰かが言っているのを聞いたことがあります。
私は、
イスラエルだけが救われるわけじゃない、
と思いました。
誰でもキリストを信じれば救われる、

と思いました。
だけど私がそう言ったところで、その人は納得しないでしょう。
これから信じよう

(もしくは絶対に信じてやらない)

と思っている人に
真実を伝えることは難しい、

極めつけは
“あなたが信じようと信じまいと
キリストは生きて今も働いていらっしゃいます。”



■出エジプト40:35モーセは会見の天幕に入ることができなかった。雲がその上にとどまり、主の栄光が幕屋に満ちていたからである。40:36イスラエル人は、旅路にある間、いつも雲が幕屋から上ったときに旅立った。40:37雲が上らないと、上る日まで、旅立たなかった。

★神様が命じられた通り、モーセと民が幕屋を備えたとき、神様は約束通りイスラエルの民の中に留まり、イスラエルと共に歩み始めて下さいました。いよいよ約束の地をめざしたイスラエルの神様中心の生活のスタートです。この生活のスタイルを通してイスラエルは、荒野においても食べるものに困ることなく、靴もすり切れず守られたのです。キーワードは神様をおいて勇み足になることなく、また、神様が進まれるのに、そこにとどまって自らを神とすることなくです。天国とはイエス様が共にいて下さるところ、主が共にいてくだされば荒野も御国に変えられます。ヒデ

とすれば、
今私がいるここは天国だということです。
同じくびきを負うどころか、
私はイエス様におぶわれている者です。
罪でどっしりと重い私を背負っていて下さる、
としか思えません。



« キリストは生きていらっしゃる、目にみえないだけ | トップページ | デボーションメール20120516 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/45268329

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120515:

« キリストは生きていらっしゃる、目にみえないだけ | トップページ | デボーションメール20120516 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ