« 祈祷会20120516 | トップページ | デボーションメール20120518 »

2012年5月17日 (木)

デボーションメール20120517

■レビ記5:4あるいは人が口で軽々しく、害になることでも益になることでも誓う場合、その人が軽々しく誓ったことがどんなことであれ、そのことを知ってはいたのに彼の目から隠れ、後でそれらの一つについて咎を覚える場合、5:5これらの一つについて咎を覚えるときは、犯した罪を告白しなさい。

★イエス様は「誓ってはならない。ただはいをはい、いいえをいいえとしなさい。それ以上は罪からくる」と語られました。あなたがもし、誓うことであなたの言葉を強めなければならないと感じるなら、あなたの誠意はどこかがおかしくなっていると警告するのです。告白を通して罪に陥る誘惑から自分を守れる恵みを感謝しましょう。

★祭壇の聖なる火は神様がおこされたものでした。あなたの内に聖なる思いへの情熱を与えられたのも主です。それを保ち続けるために用いられるのはあなたの意志と祈りです。肉の頑張りによってではなく、主の愛に対する感謝の応答として、内に頂いた聖なる思いを大切にし続けましょう。そのために誘惑から離れるのです。

神様がおこし、与え給いた聖なる思いへの熱き情熱、
なんか、細々と燃やし続けている状態だなあ、私。



■レビ記7:26また、あなたがたのどこの居住地においても、鳥でも動物でも、その血をいっさい食べてはならない。

★血はいのちの川であり、いのちは神様からの賜物です。ゆえにすべて神様に返されるもので人によって使われることがなかったのです。いのちを神様のために用いる生涯を意識しましょう。ヒデ

ここだけ読むと、
魚肉を食べてはならない、と書かれてあるように思えます。
動物によるものはいっさい口にしない、そんな宗教もあります。
だしをとるのもかつをなどではなく、昆布やしいたけ、かんぴょうから、
と聞いたことがあります。
動物の肉さえ口にしなければいいのでしょうか?
植物だって切られても血が出ないだけ、
と言った人もいます。
動物には魂がないから天国にははいれない、
とききました。
私は魂があるかどうかは別として、たとえあり1匹であっても、
地上の命を全うした後は天国にいると思っていました。

誓い、
私はおおよそ、誓いというものをしたことがありません。
守る自信がないから(笑)。
人の心は移ろいやすい、不変のものなんてない、
子供の頃からそんなふうに思っていました。

約束…、
私の中では、誓いに近い、かもしれません。
約束は守る子供でした。
少なくとも守るために努力する子でした。
できない約束は最初からしない、そんな子でした。
なんかちょっと可愛くない、うーん、嫌な子?かも、
でも人をうらぎりたくなければそうするしかなかったのだと思います。
軽々しく約束するのはいやでした。
指きりげんまん嘘ついたら針千本のーます、指切った…、
これって、本当はものすごくコワイ…
幸い、私の周囲にはできない約束を強要するような人はいませんでした。
私はまもられていたのですね。

再度、誓い、
もっと厳かで、自分自身、
いえ、神様に対してなされるべき?
自分自身に対する誓いは神様に対する誓いかもしれない。
他人と約束するとがんばれるくせに
自分にだとまあ、いいか、となってしまう。
神様は御自分との約束を守るように、
兄弟姉妹との約束も守りなさいとおっしゃる。
たちかえれば、
一番守らなくてはならないのが神様との約束です。

誓いなんかしなくたって大丈夫!
の人生を送っている、私…?
なんかこんがらがってきました。



■レビ記6:12祭壇の火はそのまま燃え続けさせ、それを消してはならない。かえって、祭司は朝ごとに、その上にたきぎをくべ、その上に全焼のいけにえを整え、和解のいけにえの脂肪をその上で焼いて煙にしなさい。6:13火は絶えず祭壇の上で燃え続けさせなければならない。消してはならない。

そういえばどこかのお寺で燃やし続けている火があるときいたことがあります。

菜種油が燃料だったと思うのですが、その火を絶やさぬように、
修行僧が菜種油を注ぐときいたような気がします。
冬になると厳しい寒さで菜種油が凍るというのです。
それを温めて液体の状態にして注ぐのが一苦労であるとか?
曖昧な幼い頃の記憶にすぎませんが、これが本当なら
キリスト教でない他の宗教でも燃え続ける火がある?


全く世における全ての者の中で自分ほど信用できないものはない、
何かを自信をもって言いきるということのできない小心者、
それが私。
THAT'S ME!



« 祈祷会20120516 | トップページ | デボーションメール20120518 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/45294142

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120517:

« 祈祷会20120516 | トップページ | デボーションメール20120518 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ