« デボーションメール20120520 | トップページ | デボーションメール20120522 »

2012年5月21日 (月)

デボーションメール20120521

■レビ記16:9アロンは、主のくじに当たったやぎをささげて、それを罪のためのいけにえとする。16:10アザゼルのためのくじが当たったやぎは、主の前に生きたままで立たせておかなければならない。これは、それによって贖いをするために、アザゼルとして荒野に放つためである。

★贖罪の日にささげられるこの2頭のやぎの意味は、イスラエルの罪に対す2通りの神様の対処法です。いけにえのやぎを通して民の罪が赦され、アザゼルとして解き放たれるやぎを通して罪からの解放を表したのです。旧約時代祭司は多くの準備をして神様の前に出なければなりませんでしたが、あなたはキリストの贖いゆえにいつでも神様に近づく罪の赦しと解放を受けとることができます。

洗礼を受けるための準備会をしていただいていた時に、
“今は動物を殺さなくてもよくなったわけ”を、
牧師先生がお話しして下さいました。
旧約の時代に神様がお決めになったことなのですが、
動物の血で贖われるということが理解できませんでした。
聖書に書かれてある限り、事実であるわけですが、
神様がなぜ罪の贖いにそういった動物の血を必要とされたのかは、
正直な話、未だに完全に理解、納得できたとはいえません。
ただそれが本当のことなので疑いはしませんし、
ナンセンス!などと言うつもりもありません。
ただ、そうだったのだ、と知るだけです。



■レビ記17:4主の幕屋の前に主へのささげ物としてささげるために、それを会見の天幕の入口の所に持って来ないなら、血はその人に帰せられる。その人は血を流した。その人はその民の間から断たれる。

★イスラエルの民が偶像礼拝に陥ったのは「めいめいが自分の目に正しいと見える行った」ためでした。この時神様は罪の赦しのためのいけにえ、すなわち献げ物について明確な時間と場所を指定したのです。

なぜ、偶像を拝むヒトがいるのか不思議です。
なぜ、自分たち人間が作った物を、
あたかもそれが神様であるかのように拝むのですか?
自然界の動植物を神に見立てて拝むヒトもいます。
まだその方が救われる気もしますが、
それらは神様の被造物ではあっても
神様そのものではないということを、
少なくとも今、私は知っています。
木に巣箱をかけると鳥がやってきて玉子を産むように、
偶像という巣箱に、
神様もいらっしゃって信仰という養分を得ながら、
恵と祝福の玉子を養い、

やがてはそこから福音が羽ばたいていくとでもいうのか?
幼い頃、私の心にあった素朴な疑問。
明確な答えをいただきました。



■レビ記18:30あなたがたは、わたしの戒めを守り、あなたがたの先に行われていた忌みきらうべき風習を決して行わないようにしなさい。それによって身を汚してはならない。わたしはあなたがたの神、主である。」

★神様はイスラエルをご自身へと分離させることによって民を導き祝福されます。功績中心、業績中心のこの世の価値観の中で、神の子供としての命を失わないようにキリストにつきましょう。ヒデ

功績を残すことや業績をあげることは、
結果としてはのぞましいことであろうし、
人はそのために頑張ることもできます。
けれど、そのことと神の子供としての命を生きることとは
全く次元が違います。
根底に流れ脈打つ神の命を感じ、
いつもキリストにあって生きるものでありたいと思います。




“苦しい時の神頼み”を、
神様は案外奨励されているかもしれません。
ヒトが神様を忘れてしまうと、
神様は思い出させるために試錬をお与えになる、
と聞きました。
悩みの日に私を呼べ、
と神様はおっしゃいました。
これは旧約聖書の中の言葉です。

ときおり、旧約聖書の神様と新約聖書の神様は

別の方であるかのような錯覚に陥ることがありますが、
神様は変わらない御方だと思い起こさせてくれる言葉のひとつです。

神様がお変えになったのは約束であって神様御自身ではありません。


« デボーションメール20120520 | トップページ | デボーションメール20120522 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/45348748

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120521:

« デボーションメール20120520 | トップページ | デボーションメール20120522 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ