« デボーションメール20120523 | トップページ | デボーションメール20120525 »

2012年5月24日 (木)

デボーションメール20120524

■レビ記24:16主の御名を冒涜する者は必ず殺されなければならない。全会衆は必ずその者に石を投げて殺さなければならない。在留異国人でも、この国に生まれた者でも、御名を冒涜するなら、殺される。

★神様への冒涜に対する処罰はあまりに厳しくも見えますが、反対に、それはどれだけ真摯に神様が私たちとの関係に期待しておられるかの表れでもあります。いとも簡単に神の御名にかけて誓い、それを破り、また神様がさも存在しないかのように振る舞う。注意すべきです。しかしイエス・キリストの誠実と憐れみは昨日も今日もいつまでも変わることがありません。

キリスト・イエスがいつも天の父なる神様に、
私のとりなしをして下さっていることを信じます。



■レビ記25:39もし、あなたのもとにいるあなたの兄弟が貧しくなり、あなたに身売りしても、彼を奴隷として仕えさせてはならない。

★この章で繰り返し繰り返し使われる言葉は「わたしにとって、イスラエル人はしもべだからである。彼らは、わたしがエジプトの地から連れ出したわたしのしもべである。わたしはあなたがたの神、主である。」です。土地も人も主のもの。自分が所有者のごとく振る舞うべきではないことを教えます。あなたが、あなたの人生と所有物に対して忠実な管理者であれますように。ヒデ

私の人生を私自身が忠実に管理すべし。
私の所有物を私が忠実に管理すべし。
常に忠実であれ、主に対して。
そうでした。
私が私自身のものと思い込んでいるものは主のものでした。

« デボーションメール20120523 | トップページ | デボーションメール20120525 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/45422775

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120524:

« デボーションメール20120523 | トップページ | デボーションメール20120525 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ