« デボーションメール20120527 | トップページ | デボーションメール20120529 »

2012年5月28日 (月)

デボーションメール20120528

■民数記5:6「イスラエル人に告げよ。男にせよ、女にせよ、主に対して不信の罪を犯し、他人に何か一つでも罪を犯し、自分でその罪を認めたときは、5:7自分の犯した罪を告白しなければならない。その者は罪過のために総額を弁償する。また、それにその五分の一を加えて、当の被害者に支払わなければならない。

★このことは新約においても同じで「もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。」(1ヨハネ1:9)、「ですから、あなたがたは、互いに罪を言い表し、互いのために祈りなさい。いやされるためです。義人の祈りは働くと、大きな力があります。」(ヤコブ5:16)とあります。これが曖昧にされると命はにごり、共同体に愛は流れなくなります。特に夫婦間の不信の罪について、この章は曖昧にせず深く心に問いかけます。家庭が祝福の源だからです。

家庭に祝福の源がある、そうでした。
思えば私はごく平凡で幸せな家庭に育ちました。
本来はそれがあたりまえではないかと誰もが思うような…
そんな家庭だと思います。
よく、今の幸せをあたりまえと思ってはいけない、
などという言い方を致しますが、
それは感謝を忘れることを戒める意味だと思います。
私はその家の子供なら家族の一員として当然受けるべき恩恵
を受けていたのでしょう。
あたりまえのことは神様がお決めになったこと
神様がこのことがあたりまえであるようにと決められたこと。
あたりまえは美しい。


■民数記6:23「アロンとその子らに告げて言え。あなたがたはイスラエル人をこのように祝福して言いなさい。6:24『主があなたを祝福し、あなたを守られますように。6:25主が御顔をあなたに照らし、あなたを恵まれますように。6:26主が御顔をあなたに向け、あなたに平安を与えられますように。』6:27彼らがわたしの名でイスラエル人のために祈るなら、わたしは彼らを祝福しよう。」

★旧約時代に示された祝福の祈りで、現在の祝祷の原型です。あなたはこの祈りのスピリットをもって、あなたの大切な人々のために祈りの手をあげることができます。あなたが多くの人を祝福できますように。ヒデ

祈りとは、
神様との交わり。
主の御顔のあるところで、
主の御顔を仰ぎみて、
生きましょう。

ちょっと言ってみたかった(笑)。
でも本当のこと。

罪をぼかしてはならない、
でも、自分自身になかなか向き合えない。

よくわかんなくなっちゃった、
などという気はありません。
もともと、そんなにわかっていないのですから。
ますますわかんなくなっちゃった、
という方が適切かもしれません。

でも、これからも
少しづつ、
勉強を続けていきます。

« デボーションメール20120527 | トップページ | デボーションメール20120529 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/45438812

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120528:

« デボーションメール20120527 | トップページ | デボーションメール20120529 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ