« デボーションメール20120530 | トップページ | デボーションメール20120601 »

2012年5月31日 (木)

デボーションメール20120531

昨日の送信ごめんなさい。民数記ではなくレビ記をディボーションし送信してしまいました。

■民数記11:10モーセは、民がその家族ごとに、それぞれ自分の天幕の入口で泣くのを聞いた。主の怒りは激しく燃え上がり、モーセも腹立たしく思った。

★エジプトを出たのち、荒野を行く民の中に、かつてはただで肉やキュウリを食べることができたと欲望に駆られ大声で泣く者、また家族で涙を流すものがありました。その時の主とモーセの反応です。伝道者の書には「天の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには時がある。……泣くのに時があり、ほほえむのに時がある。嘆くのに時があり、踊るのに時がある。」と記されます。今朝、自らの涙を点検しましょう。自己憐憫のために流す涙は自らを滅ぼします。流す涙の中には止めるべき涙もあるのです。

■民数記12:10雲が天幕の上から離れ去ると、見よ、ミリヤムはツァラアトになり、雪のようになっていた。アロンがミリヤムのほうを振り向くと、見よ、彼女はツァラアトに冒されていた。

★「神様はモーセとだけ話されるのか。私にも話されたではないか」とミリアムの妬みを主が聞かれたとき、上の御言葉のようになりました。妬みは骨を腐らせます。要注意です。

■民数記13:32彼らは探って来た地について、イスラエル人に悪く言いふらして言った。「私たちが行き巡って探った地は、その住民を食い尽くす地だ。私たちがそこで見た民はみな、背の高い者たちだ。13:33そこで、私たちはネフィリム人、ネフィリム人のアナク人を見た。私たちには自分がいなごのように見えたし、彼らにもそう見えたことだろう。」

★約束の地カナンの偵察に遣わされたヨシュアとカレブ以外の反応です。彼らに有り、彼らになかったものがイスラエルの将来を大きく変えました。「恐れと信仰」は今も変わることのない神の民のテーマです。あなたの思いが恐れによって見るべきものを見失いませんように。ヒデ

牧師先生とお話する機会が与えられました。

実はしばらく前に娘の友人が亡くなりました。
25歳、理由はわからないけれど、
自宅で自殺だったそうです。
娘が帰省したおりにお宅を訪問したいのですが…。

亡くなられた娘さんはクリスチャンではありませんでした。
式場にはいるなりお経の声が耳に大きく響きました。
それでも彼女が仏教徒だったとは思えないし、
あくまでも形式だけのように思えました。
自ら命を絶った彼女の魂はどこへ行くのでしょう?

それは神様におまかせすべきことなのです。
人間が思い悩み考えるのではなく、
神様に全ておまかせしましょう。

中学生の頃までしか知らないのですが、
頭もよく精神的にもバランスのとれたお嬢さんでした。
こういうことになれば御両親や周囲の方がどんなに嘆き悲しむか、
そういうことがわからない方だとは思えないのですが。

確かにキリスト教では自殺は罪とされていますが…。
O兄もそうでしたが、
自殺しようとする人間はその時点でもう異常な精神状態になっています。
普通にしていて自殺しようとは誰も思わないでしょう?
まともな精神状態ではないのですから

クリスチャンが葬儀に参列するのは故人との別れを惜しむというよりも、
むしろ御遺族への慰めである、と。
結婚式より、葬儀に出席する方が幸いである、
ことの意味が少しづつわかってきました。

そうですね。
私は何度も結婚式や葬儀を執り行ってきましたが、
お葬儀の方が伝道をしやすいのです…。


先生は娘の友人の為に祈って下さいました。
自殺という言葉は使いたくない、とおっしゃっていました。
牧師先生の心の奥深く、
少し立ち入ってしまったような気がしています。






« デボーションメール20120530 | トップページ | デボーションメール20120601 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/45475759

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120531:

« デボーションメール20120530 | トップページ | デボーションメール20120601 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ