« デボーションメール20120607 | トップページ | デボーションメール20120609 »

2012年6月 8日 (金)

デボーションメール20120608

■民数記31:15モーセは彼らに言った。「あなたがたは、女たちをみな、生かしておいたのか。31:16ああ、この女たちはバラムの事件のおり、ペオルの事件に関連してイスラエル人をそそのかして、主に対する不実を行わせた。それで神罰が主の会衆の上に下ったのだ。

★この章の始めに主はモーセに「ミデヤン人にイスラエル人の仇を報いよ。その後あなたは、あなたの民に加えられる。」と命じられます。ミデアン人とはイスラエルをバアル礼拝に引き込んだ張本人。しかしイスラエル軍はミデアン人の罪深い暮らしぶりの誘惑に取り憑かれ女達を捕虜として連れてきます。この罪を警戒しない態度が、約束の地に入ってのち彼らを滅びへと向かわせました。しかしモーセはこの時迅速かつ完全に対応します。神様から罪を指摘された時、罪から速やかに離れることは、あなたを救います。

以前、どうしてもやめられないことがある、
とおっしゃった先生と出会ったことがあります。
聖職にある方でもそのようなことがあるのだろうか、と驚きました。
もしかしてお酒、煙草?そんなことを考えた私です。
私は聖職者ではないから罪を犯していいということではありません。
自分のことしか考えられない私は、罪を犯している、
と悩む他の人のことまで頭がまわりません。
私に何かしてほしい、とのぞまれているわけではないし、
私に何かできるとも思えない…。
ただこのことをとおして、
神様が私に示されているものは何だろうと思うばかりです。



■民数記32:10その日、主の怒りが燃え上がり、誓って言われた。32:11『エジプトから上って来た者たちで二十歳以上の者はだれも、わたしがアブラハム、イサク、ヤコブに誓った地を見ることはできない。彼らはわたしに従い通さなかった。32:12 ただ、ケナズ人エフネの子カレブと、ヌンの子ヨシュアは別である。彼らは主に従い通したからである。』

★約束の地の手前、ヨルダン川の手前の地を相続地として与えて欲しいと申し出たガド族、ルベン族、マナセの半部族に対する主の怒りです。しかし、彼らの動機が戦いから逃げるためではないことへと主は導かれます。全てのイスラエル部族が約束の地で嗣業を得るまで先頭に立って戦い通す決断へと導き、彼らの申し出を赦されます。神の民にとって最も恐ろしいことは一致が失われること。それぞれの個性、賜物の違いを認めつつ、それを喜び一致して進むことは、現代においても家族からはじまり、全てのキリストにある共同体において最も重要なテーマです。ヒデ

それぞれの個性、賜物の違い、尊重されなければなりません。
人間は所詮自分の物差しでしか測れない、それなのに、
人のことをわかった気になって思いあがってしまったり安易な同情を示したりする。
自分の物差しで他人を測ってとやかく思うことは避けたい。
神様がひとりひとりに個性を持たせられたことの意味は何なのでしょう。
皆、違っていていい、君がいるからおもしろい、という歌があったけれど、
違いを喜び合い、なおかつ神様のもとに一致する、とはどういうことでしょう?

先ずは家庭、一番小さな共同体。
この中で少なくとも人間の選択の余地があるのは配偶者だけ。
親は子を選べないし子は親を選べない。
神様の下さった指定席。

そういえばあるとき長女が、
「おかあさん、もし私とおんなじクラスやったら、友達になってへんやろ~?
○子(次女)も絶対私とは友達になってへんよねー。」
次女も、
「そうそう、絶対、おかあさんの嫌いなタイプや。」
「というか、ゆるせへんタイプやで、勉強せえへんし。」
と愉快そうに言います。
「うーん、そうかもしれんな。授業中、ぼーっと自分の世界に浸ってるし、
先生のいうこときいてへんし。」
「静かに授業放棄してる。」
「そうやなあ、やるべき時にやるべきことをやらん人間は嫌い。」
「うわっ、それ、私。」
「まあ、悪いこともせんけどね、癒し系か、というか脳天気?」
「お母さんと○子(次女)とは友達になってるかな、私はきっとバカにされてる…。」
「うーん、どうかな。」
「視野にも入ってんかったりして…。」
「案外そうでもないかもよ。」
「○子はまじめやけど…。」
「でも、やかましいやつやなあ、と思ってる。」
「いや、いけず。」
「うわ、言われてしもた。」
「私に似た。」
口々に言い合いながら大笑いしたのですが…


でも不思議。
神様が下さった家族の指定席。
時にはぶつかり合いながらも支えあって生きています。
配偶者とて、そこに少しは人間の選択があると思っていますが、
やはり神様が与え賜うた人生の伴侶なんだなあ。

友達として選ばなくても家族としてならやっていけるのだ。
うーん、すごい。
逆もあり。

それにしても子供の発想は…
思いもよらない角度から
教えられました、有難う。


« デボーションメール20120607 | トップページ | デボーションメール20120609 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/45572476

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120608:

« デボーションメール20120607 | トップページ | デボーションメール20120609 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ