« デボーションメール20120611 | トップページ | デボーションメール20120613 »

2012年6月12日 (火)

デボーションメール20120612

■申命記3:25どうか、私に、渡って行って、ヨルダンの向こうにある良い地、あの良い山地、およびレバノンを見させてください。」3:26しかし主は、あなたがたのために私を怒り、私の願いを聞き入れてくださらなかった。そして主は私に言われた。「もう十分だ。このことについては、もう二度とわたしに言ってはならない。3:27ピスガの頂に登って、目を上げて西、北、南、東を見よ。あなたのその目でよく見よ。あなたはこのヨルダンを渡ることができないからだ。」

★「あなたはこのヨルダンを渡ることができないからだ」。主がモーセに語られた言葉です。非常に厳粛です。水のことで民がつぶやいたとき怒って岩を二度打ったばっかりに、主ではなく思わず、「私がこの岩から水を出さなければならないのか」と言ったばっかりに。人の上に立つ人の言葉と行いとはどんなものかを教えられます。誘惑はどこにあるかわかりません。ただ自分を神とすることがありませんように。

厳しいなあ、あんまり厳しすぎて私にはついていかれない、
とため息が出ます。
モーセが意識的に自身を神としようとしたわけではないと思うけれど、
そこがこわいところです。
無意識のうちに誘惑にとらわれてしまっている、
知らずにしたことだ、わからずにしたのだから、
というのとは違います。
わかっているのに忘れてしまって思わず、ということがあります。
それがそうと気づかない、
或いは多分そうではないという自己判断が主に優先してしまう時。

主がモーセにここまで厳しくされたのは人の上に立つ人だから。
主が私を大目に見て下さっているわけではないと思いますが(笑)。
いや、もしかしてそうだったりして?
やはり人の上に立つ人の器はそれなりのものが求められる。
向いてない、という言い方をすることがあります。
あまりに俗っぽい言い方ですが、
主はそれぞれ違った資質を人間に備えられました。
向いてないと言われても努力でなんとかやっていく人、
努力する力も神様からの賜り物。
そんなことを言うと、我が家の長女などは、
私はそういう力は賜っていないので…、
とずぼらを決め込みそうです。



■申命記4:36主はあなたを訓練するため、天から御声を聞かせ、地の上では、大きい火を見させた。その火の中からあなたは、みことばを聞いた。4:37主は、あなたの先祖たちを愛して、その後の子孫を選んでおられたので、主ご自身が大いなる力をもって、あなたをエジプトから連れ出された。4:38それはあなたよりも大きく、強い国々を、あなたの前から追い払い、あなたを彼らの地に入らせ、これを相続地としてあなたに与えるためであった。今日のとおりである。

★モーセの民への最後の言葉です。その中心は何処までも「偶像礼拝をしてはならない。不信仰になってはならない」です。まさにモーセの遺言ともいえる内容です。ヨセフは「神はあなたがたを必ず顧みてくださる」と遺言を残しました。こうして遂にイスラエルは新しいリーダーヨシュアのもとヨルダンを渡るのです。あなたの中に偶像はありませんか。大丈夫ですか。ヒデ

子供の時、仏壇や位牌に手を併せて拝むのが不思議でした。
なぜ人間の作った物を拝むのだろう?
だれに言われたわけでもなくそう思っていたことは以前にも書きました。
わからないけれど人の常識を超えた“力”とでもいうのでしょうか?

(世の中では神様と呼ばれている)
そういうパワー?の存在を確信していました。
私は創造主というのがふさわしいと思っていました。
人は拠り所を求め、しるしを求めます。
目に見える形を欲しがります。
金属や土、木などで作られたものだけが果たして偶像だろうか、
と思うことがあります。
『あなたの信じている神様に名前をつけるとしたら
それはイエスキリストです』

と断言して下さった方の御蔭で私は確信に至りましたが、
心の中で自分の神を創り上げていないだろうかとふと思うことがあります。
ある意味それも偶像崇拝かなと思う。



« デボーションメール20120611 | トップページ | デボーションメール20120613 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/45649466

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120612:

« デボーションメール20120611 | トップページ | デボーションメール20120613 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ