« デボーションメール20120615 | トップページ | デボーションメール20120617 »

2012年6月16日 (土)

デボーションメール20120616

■申命記14:28三年の終わりごとに、その年の収穫の十分の一を全部持ち出し、あなたの町囲みのうちに置いておかなければならない。
★主を愛する者が、貧しい人々を助けることを主は願っておられます。自発的かつ組織的にそのことをするようにと。主は「あなたは、そこでその金をすべてあなたの望むもの、牛、羊、ぶどう酒、強い酒、また何であれ、あなたの願うものに換えなさい。あなたの神、主の前で食べ、あなたの家族とともに喜びなさい。」(14:26)と人生を喜ぶことを願われますが、貧しい人に対するこの命令に従順することで、さらにイスラエルは豊かな中を歩めたのです。

主はイスラエルの周囲に貧しい人々を配されました。
それはイスラエルが自発的かつ組織的に助けるようにとの配慮から。
そのことにより、イスラエルはさらに豊かになりました。

貧しい人々は助けられるためにある。
助けたひとは地震がさらに豊かになる。




■申命記15:10必ず彼に与えなさい。また与えるとき、心に未練を持ってはならない。このことのために、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださる。

★なぜ与えるのでしょう。主はイスラエルが、エジプトの地で奴隷であったところから、主によって贖い出されたことを忘れることなく、憐れみ深い者として生きることを願っておられるからです。

私こそ本当は憐れんで貰わなければならない小さな存在。
そんな私に主は憐み深くあれとおっしゃっています。
私こそキリストによって贖い出された者だからです。



■申命記16:19あなたはさばきを曲げてはならない。人をかたよって見てはならない。わいろを取ってはならない。わいろは知恵のある人を盲目にし、正しい人の言い分をゆがめるからである。16:20正義を、ただ正義を追い求めなければならない。そうすれば、あなたは生き、あなたの神、主が与えようとしておられる地を、自分の所有とすることができる。

★正義は憐れみ深さの延長線上にあるもので異なるものではありません。自らに与えられた力は主から委ねられた恵みで、正しく管理し用いることが求められます。あなたの生き方が神様のご性質を反映するそれでありますように。ヒデ

正義と憐れみ深さ、次元の異なるもののように思えますが。主が与え賜うた力は主から委ねられた恵、主に委ねられたということは…?さばきを曲げていないだろうか?偏見をもっていないだろうか?さすがにわいろの申し出にはまだ出会ったことがないけれど心動かされはしないだろうか?

« デボーションメール20120615 | トップページ | デボーションメール20120617 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/45687819

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120616:

« デボーションメール20120615 | トップページ | デボーションメール20120617 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ