« デボーションメール20120623 | トップページ | デボーションメール20120625 »

2012年6月24日 (日)

デボーションメール20120624

■ヨシュア記5:15すると、主の軍の将はヨシュアに言った。「あなたの足のはきものを脱げ。あなたの立っている場所は聖なる所である。」そこで、ヨシュアはそのようにした。

★ヨシュアはヨルダン川を渡り、約束の地カナンに入ったものの、高くそびえるエリコの城壁を前に非常な圧迫感の中にいました。その時語られたのが上の言葉です。自らの戦いと思っていたヨシュア。しかし主はまた、「これは主の戦い。私は軍の将として来た」とも語られました。あなた一人で戦っているのではないことを知る人は幸いです。

■ヨシュア記6:20そこで、民はときの声をあげ、祭司たちは角笛を吹き鳴らした。民が角笛の音を聞いて、大声でときの声をあげるや、城壁がくずれ落ちた。そこで民はひとり残らず、まっすぐ町へ上って行き、その町を攻め取った。

★神様の民には神様民としての戦い方があることを教えられます。

■ヨシュア記7:20アカンはヨシュアに答えて言った。「ほんとうに、私はイスラエルの神、主に対して罪を犯しました。私は次のようなことをいたしました。7:21私は、分捕り物の中に、シヌアルの美しい外套一枚と、銀二百シェケルと、目方五十シェケルの金の延べ棒一本があるのを見て、欲しくなり、それらを取りました。それらは今、私の天幕の中の地に隠してあり、銀はその下にあります。」

★隠されている小さな侮り、不従順が全体に敗北をもたらします。それらは神様の前に決して小さくはないのです。

■ヨシュア記8:26ヨシュアは、アイの住民をことごとく聖絶するまで、投げ槍を差し伸べた手を引っ込めなかった。

★偶像礼拝がいかに主の前に罪かを教えられます。ヒデ


自分は偶像礼拝を気づかずにしていないだろうか?

私の前に主はただひとりです。
目には見えない。

« デボーションメール20120623 | トップページ | デボーションメール20120625 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/46129172

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120624:

« デボーションメール20120623 | トップページ | デボーションメール20120625 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ