« デボーションメール20120720 | トップページ | デボーションメール20120722 »

2012年7月21日 (土)

デボーションメール20120721

■2サムエル記16:11ダビデはアビシャイと彼のすべての家来たちに言った。「見よ。私の身から出た私の子さえ、私のいのちをねらっている。今、このベニヤミン人としては、なおさらのことだ。ほうっておきなさい。彼にのろわせなさい。主が彼に命じられたのだから。16:12たぶん、主は私の心をご覧になり、主は、きょうの彼ののろいに代えて、私にしあわせを報いてくださるだろう。」

★アブシャロムの謀反に乗じて、城を追われるダビデに罵倒、嘲笑するサウル王の家系の面々です。今までの鬱憤がこの時とばかり吹き出たのです。「人は外の顔かたちを見るが主は心を見る」を、サムエルから教えられたダビデの対応に学びましょう。

ダビデのように主に選ばれた人は、生涯を順風満帆に過ごしそうな気がするのですが、

実は彼も罪を犯し、子供に裏切られ命をつけ狙われました。

神様に選ばれるということはなかなかしんどいことのような気がする…。


■2サムエル記17:23アヒトフェルは、自分のはかりごとが行われないのを見て、ろばに鞍を置き、自分の町の家に帰って行き、家を整理して、首をくくって死に、彼の父の墓に葬られた。

★新たな王となったアブシャロムの助言者であるアヒトフェル。自分の意見が退けられた反応として上のように自害します。有能な知恵に満ちた器が注意すべきプライドの問題です。あなたはプライドを傷つけられた時どんな反応をしますか。投げ出しますか。ことごとく反発しますか。祈りますか。

プライドを傷つけられた時…。

傷ついた風はみせないように頑張ってしまう。
いったい私のプライドってなんなんだ?

傷つくほどのプライドをもっているだろうか?


■2サムエル記18:9アブシャロムはダビデの家来たちに出会った。アブシャロムは騾馬に乗っていたが、騾馬が大きな樫の木の茂った枝の下を通ったとき、アブシャロムの頭が樫の木に引っ掛かり、彼は宙づりになった。彼が乗っていた騾馬はそのまま行った。

★謀反を起こしたアブシャロム。誰の手に落ちたわけでもありません。主です。こうして彼は自ら犯した罪の刈り取りをさせられます。神様は侮るべきお方ではありません。卑怯な生き方を決して羨むことのないように。ヒデ

父に謀反を起こしたアブシャロムのあまりにあっけなくこわい最期。

いわゆる罪の報酬。



« デボーションメール20120720 | トップページ | デボーションメール20120722 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/46446279

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120721:

« デボーションメール20120720 | トップページ | デボーションメール20120722 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ