« デボーションメール20120723 | トップページ | デボーションメール20120802 »

2012年7月24日 (火)

デボーションメール20120724

■1列王記1:13さあ、ダビデ王のもとに行って、『王さま。あなたは、このはしために、必ず、あなたの子ソロモンが私の跡を継いで王となる。彼が私の王座に着く、と言って誓われたではありませんか。それなのに、なぜ、アドニヤが王となったのですか』と言いなさい。

★ダビデ王が年老いて、政がおろそかになっていたとき、ハギテの子アドニヤは野心をいだき「私が王になろう」と、人々を集めたときのことです。かつてバテシェバとのことで王に直言した預言者ナタンは、バテシェバのもとに来て、ソロモンのために上のように助言します。当然王となるべき人、評価されるべき人なのにその栄誉を受けていない人があなたのまわりにいませんか。そのためにナタンが立ち振る舞ったように、あなたが振る舞うべき人がいませんか。

意識していなくても、知らず知らずしてやっていそうです。

またまた心を探られた思いです。

■1列王記2:6だから、あなたは自分の知恵に従って行動しなさい。彼のしらが頭を安らかによみに下らせてはならない。2:7しかし、ギルアデ人バルジライの子らには恵みを施してやり、彼らをあなたの食事の席に連ならせなさい。私があなたの兄弟アブシャロムの前から逃げたとき、彼らは私の近くに来てくれたからだ。

40年間イスラエルの王として国を治めたダビデ。彼は死ぬ日が近づいた時、上の言葉をもって新しい王ソロモンに語りかけます。最後まで憐れみを忘れないだダビデ。あなたはここから何を受けとりますか。ヒデ

私は憐みを受けるばかりの小さき者ですが、他の人を憐れむことができれば

それはこの上ない喜びとなると思います。

« デボーションメール20120723 | トップページ | デボーションメール20120802 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/46446294

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20120724:

« デボーションメール20120723 | トップページ | デボーションメール20120802 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ