« デボーションメール20130124 | トップページ | デボーションメール20130126 »

2013年1月25日 (金)

デボーションメール20130125

■1コリント5:5このような者をサタンに引き渡したのです。それは彼の肉が滅ぼされるためですが、それによって彼の霊が主の日に救われるためです。5:6あなたがたの高慢は、よくないことです。あなたがたは、ほんのわずかのパン種が、粉のかたまり全体をふくらませることを知らないのですか。

★不品行を悔い改めない、主にある兄弟への対応が記されています。パウロは何のために彼を信者の交わりから閉め出すのか、その理由は復讐ではなく愛のゆえに。あくまでも相手への愛が自分たちの都合に優先した選択であることを心に留めることは大切です。なぜならその選択こそが主にある者にふさわしい生き方ですから。

■1コリント6:20あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。ですから自分のからだをもって、神の栄光を現しなさい。

★不品行から離れられない主にある兄弟の目が開かれるようにと書き送ったパウロの言葉です。「キリストのいのちの代価によって贖われた私が、これをすることが本当にふさわしいだろうしか」と問うことは大切です。

■1コリント7:23あなたがたは、代価をもって買われたのです。人間の奴隷となってはいけません。

★結婚にかかわることが記されますが、全て自らの責任と自由意志で選択するテーマであることを理解することが鍵です。

■1コリント8:12あなたがたはこのように兄弟たちに対して罪を犯し、彼らの弱い良心を踏みにじるとき、キリストに対して罪を犯しているのです。

★あなたの良心が弱いか、強いかそれが問題ではありません。成熟に向かう選択を心がけてているかどうかが問われるべきテーマです。ヒデ

パウロ先生の

まさに

愛のむちだなぁと思う

私はキリストの命の代価で買い取られたものです

それなのになんと自分を粗末に扱っていることだろう

私が私自身を大切にしなければいけないのは

私が私のものではなく

キリストのいのちという

あまりに大きな代価を支払って買い取られたものであるから

それだから何の価値もなかった私が主に

高価で尊いと言っていただけるのだろうか

« デボーションメール20130124 | トップページ | デボーションメール20130126 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/51319598

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20130125:

« デボーションメール20130124 | トップページ | デボーションメール20130126 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ