« デボーションメール20130214 | トップページ | デボーションメール20130216 »

2013年2月15日 (金)

デボーションメール20130215

■マタイ5:2そこで、イエスは口を開き、彼らに教えて、言われた。5:3「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。5:4悲しむ者は幸いです。その人たちは慰められるから。5:5柔和な者は幸いです。その人たちは地を受け継ぐから。5:6義に飢え渇く者は幸いです。その人たちは満ち足りるから。5:7あわれみ深い者は幸いです。その人たちはあわれみを受けるから。5:8心のきよい者は幸いです。その人たちは神を見るから。5:9平和をつくる者は幸いです。その人たちは神の子どもと呼ばれるから。5:10義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。

■マタイ6:31そういうわけだから、何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、などと言って心配するのはやめなさい。6:32こういうものはみな、異邦人が切に求めているものなのです。しかし、あなたがたの天の父は、それがみなあなたがたに必要であることを知っておられます。6:33だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。6:34だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労苦はその日その日に、十分あります。

■マタイ7:13狭い門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。そして、そこから入って行く者が多いのです。7:14いのちに至る門は小さく、その道は狭く、それを見いだす者はまれです。

山上の説教?

どう祈ればよいかと聞かれたときには
主の祈りをお教えになった

狭き門
ジイドの小説の題名が
聖書のこの箇所からとられたものであることを知ったのは
いつだったでしょうか

人間って簡単に手に入るとほしくなくなるとか飽きるとかいいます
苦労して得たものは身に付くとか言います
大切なものを得る
世の中にはいろんなことがなんとなく言い伝えられていて
みなふんふんと納得していることが多いのですが
それって聖書の箇所にかかれていることと
通じるところが多いような気がしています

クリスチャンであろうと未信者であろうと全て神様に創られたのですから
自分ではそうと気付いてないだけで
聖書に書かれてあることに基づいて生きているじゃないかって
言いたい気が時々するんですけども
週が7日なんて世界中が守っているじゃないの
って思うんですよね
神が7日目に休まれたと書かれてあるし
カレンダーも日曜日は特別な日になってるじゃない
って思うんですよ

礼拝を守らない未信者でも
7日目はちゃっかりお休みしてる
なんで7日目なの?って聞いてみたい
聖書に書かれているからって答えがくるかもしれないなあ

クリスマスにもいえると思うんですけど
正しいクリスマスの祝い方もしくは過ごし方
正しい日曜日(安息日)の使い方っていうのを
人類は知らないといけないんですよ
きっと





« デボーションメール20130214 | トップページ | デボーションメール20130216 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/50733712

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20130215:

« デボーションメール20130214 | トップページ | デボーションメール20130216 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ