« デボーションメール20130216 | トップページ | デボーションメール20130218 »

2013年2月17日 (日)

デボーションメール20130217

■マタイ10:19人々があなたがたを引き渡したとき、どのように話そうか、何を話そうかと心配するには及びません。話すべきことは、そのとき示されるからです。10:20というのは、話すのはあなたがたではなく、あなたがたのうちにあって話されるあなたがたの父の御霊だからです。

★確かに、何をどのように話そうか、と心配する必要はないでしょう。聖霊様が語るべき、ふさわしい言葉をその時、与えて下さるのですから。そのことよりもお互いは、いざと言う時、立つべきところに立っていることができるかを問うべきでしょう。あのペテロでさえも鶏が鳴く前に3度も知らないと語ってしまったのですから。

 

■マタイ11:28すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。11:29わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。11:30わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」

★多くの人が勘違いしている箇所です。安らぎは全てのくびきから、人が解放される時に与えられるものであるかのように。しかし違います。本当は主が負わせて下さるくびきを負うときにこそ与えられるものです。

 

■マタイ12:48しかし、イエスはそう言っている人に答えて言われた。「わたしの母とはだれですか。また、わたしの兄弟たちとはだれですか。」12:49それから、イエスは手を弟子たちのほうに差し伸べて言われた。「見なさい。わたしの母、わたしの兄弟たちです。12:50天におられるわたしの父のみこころを行う者はだれでも、わたしの兄弟、姉妹、また母なのです。」

★主はあなたを兄弟として招いておられます。ヒデ

マタイ11:28
あなたの好きな聖書の箇所は?
と聞かれると私はこの箇所を挙げます

イエス様と一緒にくびきを負うている自分の姿を思い浮かべてしまいます
一緒に負うて下さる方がいて下さると思うと涙が出そうです
イエス様が私が一緒に負うてあげようね
と言って下さっているような気がしてならないのです
主が負わせて下さるくびきってなんだろう
主が与えて下さる試練のことだと解釈していいのでしょうか


本日は私は礼拝の受付のご奉仕
有難いことに神様は私にこのような形で奉仕をさせて下さいます

今日は他教会から牧師先生がお出まし下さり
御言葉の取り次ぎをしてくださいました
牧師先生が体調不良で入院加療を余儀なくされたからです

昨日突然牧師夫人からお電話をいただき
明日の早朝礼拝はお休みします
とのことでした
私がよく早朝礼拝に行かせていただくので
わざわざお電話をくださったのです

礼拝後オリーブ会の例会がありました
被災地からの信徒さんが初めて出席されました
昼食の後
まずエステル記(抜粋)を順番に回し読んで
ひとりづつお証も含めて感想を述べました

少し時間がおしてきたので途中から意志表示のあった方だけ
ということになりました
私は座っていた場所の関係で
一番に感想を述べなくてはなりませんでした


突然の指名で何を言えばいいのか思いつかず
結局、常々感じていることをいうに止まりました
エステル記は旧約聖書の中では短いほうですが
いつも
とても賢い女性だと思っています

実にお粗末な感想でした
途中で時間がなくなって
逆から回してくれていたら
あんなアホなことを言わなくてもすんだのになあ

主、神と言って言葉が使われていないことで
なんで聖書に加えられてるのかと疑問に思う人もいるそうですね
死ななければならないのでしたら、死ぬ覚悟でおります
の彼女の一言が
彼女の信仰による応答だと言われていて
このことによって神の御業があらわされているとされている
というこでした


最後に
来月行うバザーの計画を中心に話し合いがもたれました
私は煮卵を、とM姉
では私はジャムを持ってきてもいいかしら?
次々手があがりました

みんなすごいなあ
とぼけーっと圧倒されていました
私はその日に参加できたら
お手伝いくらいは頑張ろうと思いました

« デボーションメール20130216 | トップページ | デボーションメール20130218 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/49554471

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20130217:

« デボーションメール20130216 | トップページ | デボーションメール20130218 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ