« デボーションメール20130219 | トップページ | デボーションメール20130221 »

2013年2月20日 (水)

デボーションメール20130220

■マタイ18:19まことに、あなたがたにもう一度、告げます。もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。18:20ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。」

★ここに教会の本質があります。主の名によって集められた共同体、そこに主がおられる共同体、それが教会です。

■マタイ19:25弟子たちは、これを聞くと、たいへん驚いて言った。「それでは、だれが救われることができるのでしょう。」19:26イエスは彼らをじっと見て言われた。「それは人にはできないことです。しかし、神にはどんなことでもできます。」

★あなたを救うのはあなた自身ではありません。またあなたの大切な人の救いも同様です。私たちにできることは感謝して、受け取る事、神様とあなたの物語はすべてはそこからはじまります。

■マタイ20:14自分の分を取って帰りなさい。ただ私としては、この最後の人にも、あなたと同じだけ上げたいのです。

★主は残された最後の人の寂しさ、悲しさをも受けとめ、覚えて配慮して下さるお方です。あなたのことを主は決して忘れられることはありません。ヒデ

教会
建物ではなく
もともとは人の集まりそのものをさした

クリスチャンなら誰でも知っていることですが
主を慕って集まってくる者たちの集合体

そこに
献身者がいて下さり
礼拝がまもられ
聖書を説き明かし
祈りの群れを神様に向かわせて下さる

牧師先生を一刻も早く癒して下さり
教会に戻していただけますように

雪になりました
今夜の祈祷会の奨励はD兄でした
雪が降り始めていたにもかかわらず神様が御前に集めて下さり
牧会の働きが護られ祝されました
H姉、S師、O姉、M兄が祈りの群でした

M兄は3月いっぱいで経営されていたお花屋さんを閉店されます
長年のM兄の御奉仕を思ったことでした
礼拝のとき
あって当たり前と思っていた立派なお花はもうなくなるのかな

牧師先生は10日の日曜日の夜からしでに
お身体の不調をおぼえていらっしゃったようですね

一刻も早く牧師先生を教会に戻して下さるようにと皆で祈りました
牧師夫人も体調が万全とはいえないご様子
憂えるよりまず祈り

一に祈り
二に祈り
三 四に祈りで
五も祈り

神様がなんとかしてくださるよね…



« デボーションメール20130219 | トップページ | デボーションメール20130221 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/49551709

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20130220:

« デボーションメール20130219 | トップページ | デボーションメール20130221 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ