« デボーションメール20130224 | トップページ | デボーションメール20130226 »

2013年2月25日 (月)

デボーションメール20130225

■ルカ1:38マリヤは言った。「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」こうして御使いは彼女から去って行った。

★こうして主の母マリヤは救い主キリストを信仰によって身ごもりました。あなたがキリストを心に迎え入れる方法も同じ信仰によってです。主が不思議をもってあなたを持ちはこび、あなたの人生のつじつまを合わせて下さる全能者と共に歩む旅はここからはじまります。さあまだの人は踏み出しましょう。ヒデ


信仰によらなければ
何も成されない

信じて
祈ることが全て

本当に困ってしまって
なすすべがないときに
人は祈ることを思い出す

苦しいときの神頼み

愛する家族が
信仰を離れてしまった
と嘆く人がいる

本当に離れてしまったのだろうか
離れさせてしまったのは
なんなのだろう

クリスチャンとして
高慢になってはいないだろうか
その高慢さが
誰かを神から遠ざけることがあるような気がする

押し付けるな
と言う人がいる

私も一応クリスチャンで
その人にとっては危険人物かも(笑)
でも
どうやら私はあまりに未熟すぎて
問題にされていないようです

勧誘がうるさい
と言う人がいる

つまずかせるのがこわくて
踏み出せない部分がある

まずは家族が救われてほしい
ともに救われたい
自分の大切な人々とともに救われる者でありたい
世の中の人や物は
砂の一粒に至るまで神の被造物だから
世の全てに救われる権利があると思う

お経のテープに耳を傾け安らぎを得る人がいる
それを無理やり取り上げて
聖書をおしつけてもできない話

あるいは
未信者に対し見下した態度に出てしまうことが
全くないといえるだろうか

私はノンクリスチャンからバカにされそうな
名ばかりクリスチャンだと自分自身が思う

でも洗礼を授かってから
神様に祈るのに遠慮がなくなったみたいです
安心して祈れるようになりました





« デボーションメール20130224 | トップページ | デボーションメール20130226 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/49636769

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20130225:

« デボーションメール20130224 | トップページ | デボーションメール20130226 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ