« デボーションメール20130226 | トップページ | デボーションメール20130228 »

2013年2月27日 (水)

デボーションメール20130227

■ルカ4:42朝になって、イエスは寂しい所に出て行かれた。群衆は、イエスを捜し回って、みもとに来ると、イエスが自分たちから離れて行かないよう引き止めておこうとした。

★あなたは孤独を恐れる人ですか。そもとも人々を恐れる人ですか。これらは両方共に自分の人生で行くべき道を誤まるリスクが高まります。主はしばし人々のもとを離れて静まりました。父なる神様との交わりに生きる為です。この交わりこそがイエス・キリストの人生を偉大した秘訣でした。

 

■ルカ5:13イエスは手を伸ばして、彼にさわり、「わたしの心だ。きよくなれ」と言われた。すると、すぐに、そのツァラアトが消えた。

★人々が恐れ敬遠する重い皮膚病におかされた人が、癒やしを願い、近づいたとき、主が語られた言葉です。主の願いはご自身に近づく人々が自らの必要だけを受け取ることではありません。主の心を受け取って欲しいと願われます。その時こそその人の心と人生が健やかになるからです。利用する者ではなく、心通わせ、互いに思いやり、いたわり合う関係に生きる者でありましょう。ヒデ



孤独は辛い
しかし人もまたこわい

私は決して孤独を好まない
壁ひとつ隔てた向こう側には誰かがいる
そんな孤独を好むのが人かもしれません

どんな人にも
決して他には見せない部分がありはしないだろうか

利用されたり利用したり
ときとしてそういう人間関係をみることがある
自分も含めて

なんかいやだなあと思う
されてもしてもいやだと思う
心が通わず思いやりもいたわりもない関係なら
いっそ疎遠な方がいい

本日の祈祷会
M兄の奨励でヨハネ3章1~13節

誰でも新しく生まれなければ神の国にははいれません
新しく生まれるということは
自分中心の生活をを神様を第一とする生活に変えることだ
と以前教えていただきました

気付くと
神様を追いやって自分が自分が
の生活になっている私

本当に自分を大切にできる人は
いつも神様を第一にしている人だ

« デボーションメール20130226 | トップページ | デボーションメール20130228 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/49707999

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20130227:

« デボーションメール20130226 | トップページ | デボーションメール20130228 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ