« デボーションメール20130320 | トップページ | デボーションメール20130322 »

2013年3月21日 (木)

デボーションメール20130321

■使徒21:28こう叫んだ。「イスラエルの人々。手を貸してください。この男は、この民と、律法と、この場所に逆らうことを、至る所ですべての人に教えている者です。そのうえ、ギリシヤ人を宮の中に連れ込んで、この神聖な場所をけがしています。」

★全くの言いがかりです。結果このことによってパウロは捕らえられ、カイザルの前での裁判を望み、ローマで殉教することになります。しかしこの時、宮の中にパウロが導いたのは異邦人ではなく、誓願を立てていたユダヤ人なのです。人々の偏見、思い込みがパウロを死に追いやることになったのです。自分と主義主張が違う人を先走り裁くことのないようにしなければなりません。

■使徒22:1「兄弟たち、父たちよ。いま私が皆さんにしようとする弁明を聞いてください。」

★このあとパウロのイエス・キリストとの出会いが語られます。いつ証しをすればよいのかと言われるなら。「今でしょ」ではないですが、現実難しい場合も……。自分の方から証しすることが難しい場合、職場や学舎の中で、日曜日何しているの、何か○○さんは大切にしているものあるの、信じているの等、聞いてもらえるように祈りませんか。そしてそのチャンスを生かして証しできるように備えましょう。

■使徒23:11その夜、主がパウロのそばに立って、「勇気を出しなさい。あなたは、エルサレムでわたしのことをあかししたように、ローマでもあかしをしなければならない」と言われた。

★主はかつて旧約時代サムエルに向かって「私を尊ぶ者を私も尊ぶ」と語られましたが、パウロの時代もそうでした。そしてそれは今も変わりません。「私は福音を恥としません。それは全て信じる人に救いを与える神の力です」と告白できるお互いでありますように。ヒデ




日々御恵みを受けているのであれば
それを伝えていくべきだろう

私が伝道のツールとなるのなら
それは証しすることだろう

証しする機会が与えられます様に
そしてそれに気づかない自分ではありませんように
気づいても証しできるでしょうか

私が
証しするには勇気が必要
そして備えが必要
ちょっと待って
ってならないように

« デボーションメール20130320 | トップページ | デボーションメール20130322 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/50890216

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20130321:

« デボーションメール20130320 | トップページ | デボーションメール20130322 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ