« デボーションメール20130321 | トップページ | デボーションメール20130323 »

2013年3月22日 (金)

デボーションメール20130322

■使徒24:14しかし、私は、彼らが異端と呼んでいるこの道に従って、私たちの先祖の神に仕えていることを、閣下の前で承認いたします。私は、律法にかなうことと、預言者たちが書いていることとを全部信じています。24:15また、義人も悪人も必ず復活するという、この人たち自身も抱いている望みを、神にあって抱いております。

★どこにおいても、誰の前にあっても自分の信じていることに揺るぎのない告白をするパウロ。あなたはどうでしょう。パウロの確信はどこから来ているか考えられたこと、ありますか。この時、総督ペリクスは騒擾罪のかどで軟禁中のパウロから金をもらいたい下心があって幾度もパウロを呼び出したようです。

■使徒25:11もし私が悪いことをして、死罪に当たることをしたのでしたら、私は死をのがれようとはしません。しかし、この人たちが私を訴えていることに一つも根拠がないとすれば、だれも私を彼らに引き渡すことはできません。私はカイザルに上訴します。」

★どこまでも自らの信仰の良心に忠実に生きようとするパウロ。パウロは自分の命を守るためにではなく、神様から託された使命の為に使い切るよう行動します。

■使徒26:19こういうわけで、アグリッパ王よ、私は、この天からの啓示にそむかず、26:20ダマスコにいる人々をはじめエルサレムにいる人々に、またユダヤの全地方に、さらに異邦人にまで、悔い改めて神に立ち返り、悔い改めにふさわしい行いをするようにと宣べ伝えて来たのです。

★あなたは、あなたがなすようにと示された、天からの啓示や幻を見たり聞いたりしたことがありますか。パウロはそれに忠実であり続けました。生ける主と共に歩んでいたのです。ヒデ

天からの啓示も幻も私は受けたことがないと思います

啓示(Revelation)とは
神様から
真理
もしくは
人の常識を超えた知識・認識
が語られること

以前いらっしゃった宣教師の先生が
異言について話されたことがあったそうです

異言に関しては
教会内部でもいろいろな意見があるようです

聖霊様が降られたことによる異言
それによって神様の栄光があらわされる
という考え方
異言を絶対的なものとする考え方があるけれど
そんなことは聖書のどこにも書かれていない
と反論する方もあります

異言を否定しないけれど
絶対的なものではない
とおっしゃいます

私にはわかりませんが
異言が絶対的なものと
聖書に書かれていないのなら
絶対的なものではないのでしょう

« デボーションメール20130321 | トップページ | デボーションメール20130323 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/50890507

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20130322:

« デボーションメール20130321 | トップページ | デボーションメール20130323 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ