« デボーションメール20130331 | トップページ | デボーションメール20130402 »

2013年4月 1日 (月)

デボーションメール20130401

■マタイ2:2「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおいでになりますか。私たちは、東のほうでその方の星を見たので、拝みにまいりました。」2:3それを聞いて、ヘロデ王は恐れ惑った。エルサレム中の人も王と同様であった。

★神様が当時のユダヤの人々に、東方の博士達を用いて語られた挑戦です。「あなたの救い主であり、王であるお方はどこにおられますか。」「あなたの心の中心にですか。それ以外の場所ですか」。キリストを心の中心に迎える人のみが希望と平安、感謝という別の道を通って御国に帰る道を歩むことができます。

■創世記4:7あなたが正しく行ったのであれば、受け入れられる。ただし、あなたが正しく行っていないのなら、罪は戸口で待ち伏せして、あなたを恋い慕っている。だが、あなたは、それを治めるべきである。」

★人類最初の殺人は兄弟に対するねたみによるものでした。ねたみは人を殺し、キリストさえ十字架に追いやる罪です。心に巣をつくろうとするねたみの感情を断固ゆるしてはなりません。あなたを滅ぼすサタンの罠です。悔い改め、告白して捨てるのです。

■創世記5:24エノクは神とともに歩んだ。神が彼を取られたので、彼はいなくなった。

★主が再臨なさるとき、主にある人々が空中に引き上げられるひな形です。あなたは既に心を開いてキリストを受け入れられましたか。あなたの力によるのではありません。あなたの心の内に住んで下さる聖霊様の力によってあなたは引き上げられるのです。あなたを高き良き所へと引き上げて下さる物事の背後には常に神様の支えと励ましがあることを覚えましょう。高ぶるものではなく、へりくだり栄光を父なる神様にお返しする者として。ヒデ

ねたむ心ははずかしい

ねたむ心は哀しい

ねたむ心はさもしい

ねたむ心は自分が悔しい

栄光を神に帰すものでありたい

« デボーションメール20130331 | トップページ | デボーションメール20130402 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/51096302

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20130401:

« デボーションメール20130331 | トップページ | デボーションメール20130402 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ