« デボーションメール20130402 | トップページ | デボーションメール20130404 »

2013年4月 3日 (水)

デボーションメール20130403

■マタイ4:19イエスは彼らに言われた。「わたしについて来なさい。あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう。」

★主は今あなたを見られたら何と声をお掛けになるでしょう。悔い改めなさいでしょうか。それとも捨てなさい。また、留まっていなさいでしょうか。ペテロとアンデレに対しては上の言葉でした。しかも主の方から近づかれて。素晴らしいですね。主があなたに語って下さる言葉を大切にしましょう。その言葉への従順があなたの人生を開きます。

■創世記10:32以上が、その国々にいる、ノアの子孫の諸氏族の家系である。大洪水の後にこれらから、諸国の民が地上に分かれ出たのであった。

★愛をもって世界を創造しひとつひとつのものにいのちを与えた神様の無念な思いを想像してみましょう。人の罪ゆえに世界が汚れたのです。その神様の無念さを唯一受け取ることができたのがノアでした。神様はこのノアの心を用いて救いの計画を進められます。

■創世記11:4 そのうちに彼らは言うようになった。「さあ、われわれは町を建て、頂が天に届く塔を建て、名をあげよう。われわれが全地に散らされるといけないから。」

★たとえ神様がもう一度洪水を起こしても大丈夫なように高い塔を建てよう。すなわち神様なしでやっていけるように。神様には干渉されたくないんだ。残念です。洪水の後も人の心は変わりません。その頑なな心がキリストを十字架に

■創世記12:1主はアブラムに仰せられた。「あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。

★神様はひとりでいいのです。そこから全ての人に祝福をもたらすことが出来るのです。あなたは隣の人を見る必要はありません。あなたひとりでいいのです。ヒデ

人間をとる漁師という表現はなかなか難解で
なぜそれが人間をとる漁師なんだときかれても
私にはこたえられません
でも神様がそうおっしゃったのだし
その後のペテロとアンドレのふたりをみれば
人間をとる漁師というのが
どういうことを意味しているのかがわかります

神様はいつも声をかけて下さっている

聞こえないふりをしたり
聞こえてもそのように行わなかったり

だんだん重くなってきているのは
神様の御声ではなく
私の罪
悔い改めようとしないで罪をごまかしている
それ
絶対にないとはいえないよねぇ

神様はおひとりだけ
この天地を創造された御方
宇宙の始まりがビッグバンなら
それを起こさせたのはおひとりだけいらっしゃるその御方

今日は祈祷会
先週あまりにしんどくてお休みしてしまったので
今日はどうしても送ってくださいとの祈りがきかれました

同じグループでいつもお世話になっております
I兄はお孫さんを乗せた車で事故に遭われました
幸いI兄もお孫さんにもたいしたお怪我はなかったのですが
やはりトラウマになってしまったのだとか

お孫さんがジイジイの車には乗らないと言うようになり
教会へ乗せてこようとしても乗車拒否をするようになった
ジイジイ ジイジイと甘える姿は教会員なら誰もが見たことがある
I兄を捜し求めて礼拝堂をややあぶない足取りで歩きまわる姿には
胸さえうたれるほどです
その彼が車に乗せようとすると頑なになってしまう
そのことでせっかく自分が奉仕しようと思っていることができなくなってしまっている
というお話でした

I兄のトラウマが克服できればお孫さんも乗ってくれるようになるのでは?

そうだねえ、僕の不安を感じとっているのかもしれないねえ

大好きなジイジイの心の内はこんなにも鋭敏に感じ取るおまごさんです

« デボーションメール20130402 | トップページ | デボーションメール20130404 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/51096510

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20130403:

« デボーションメール20130402 | トップページ | デボーションメール20130404 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ