« デボーションメール20130410 | トップページ | デボーションメール20130412 »

2013年4月11日 (木)

デボーションメール20130411

■マタイ9:21 「お着物にさわることでもできれば、きっと直る」と心のうちで考えていたからである。

9:28 家に入られると、その盲人たちはみもとにやって来た。イエスが「わたしにそんなことができると信じるのか」と言われると、彼らは「そうです。主よ」と言った。

★ここには「主にはできる」との信仰をもって主に近づく人々の姿が描かれます。主はそれを見て喜ばれ事実力をあらわされます。あなたの主への信仰は?

■創世記28:20それからヤコブは誓願を立てて言った。「神が私とともにおられ、私が行くこの旅路を守り、食べるパンと着る着物を賜り、28:21無事に父の家に帰らせてくださり、こうして主が私の神となられるなら、28:22石の柱として立てたこの石は神の家となり、すべてあなたが私に賜る物の十分の一を必ずささげます。」

★長子の権を奪われた兄の殺意を逃れるために母の生まれ故郷に逃れる途中のヤコブです。孤独は必ずしも不幸ではありません。そこは自分の姿を反省し、神様の御声にあずかれるチャンスの時でもあるのですから。孤独より恐ろしいのは孤独を恐れてひとりになれない依存体質です。

■創世記29:25朝になって、見ると、それはレアであった。それで彼はラバンに言った。「何ということを私になさったのですか。私があなたに仕えたのは、ラケルのためではなかったのですか。なぜ、私をだましたのですか。」

★ヤコブの今までの生き方を知ったラバン伯父さんが、ヤコブを軽んじたためでしょうか。ヤコブをだまし、ヤコブを利用しようとし始めます。蒔いた物を人は必ず刈り取るのです。あなたの人生において愛と善意の種を蒔きましょう。必ずやがてあなたは祝福と喜びを刈り取ります。ヒデ

主にはおできになる

いつしかそう思っています

それはちょっと自分に都合のよいようなそんな感じさえするのですが

突然そんな保証があるのかという声がする

保証なんていらないと思う

私が信じるかどうか

孤独はこわい

ひとりぼっちで部屋にいても

ドアの向こうには自分を気遣ってくれる温かい家族がいて

呼べばこたえてくれる

そんな孤独を人は好むそうだ

私のまいた種

刈り取るのが怖いような気がする

« デボーションメール20130410 | トップページ | デボーションメール20130412 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/51319624

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20130411:

« デボーションメール20130410 | トップページ | デボーションメール20130412 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ