« デボーションメール20130416_マタイ12@22-50 創世記38-40 | トップページ | デボーションメール20130418_マタイ13@24-43 創世記42-43 »

2013年4月17日 (水)

デボーションメール20130417_マタイ13@1-23 創世記41

■マタイ13:20また岩地に蒔かれるとは、みことばを聞くと、すぐに喜んで受け入れる人のことです。13:21しかし、自分のうちに根がないため、しばらくの間そうするだけで、みことばのために困難や迫害が起こると、すぐにつまずいてしまいます。13:22 また、いばらの中に蒔かれるとは、みことばを聞くが、この世の心づかいと富の惑わしとがみことばをふさぐため、実を結ばない人のことです。

★語られるみことばを聞き流してはなりません。深く心でにれはむのです。罪を悔い改め、不信仰の石を捨てて行く時、その心は耕され、やがて100倍の実を結ぶよい土地となります。

■創世記41:15パロはヨセフに言った。「私は夢を見たが、それを解き明かす者がいない。あなたについて言われていることを聞いた。あなたは夢を聞いて、それを解き明かすということだが。」41:16ヨセフはパロに答えて言った。「私ではありません。神がパロの繁栄を知らせてくださるのです。」

★自分を誇り、栄光を自分に帰したがる人がいます。しかしヨセフは違います。パロの言葉に即座に「私ではありません……。」と応えることができたのも普段から、そう心の底から思っていた為でしょう。ヒデ




神様がなさることを

さも自分がしたことのように錯覚して

栄光を自分に帰してしまってはいないだろうか

ある小学校にとても評判のいい先生がいらっしゃって

その先生に自分の子供を担任してもらえたらいいのに

と思う父兄がたくさんいたという話をきいた

あるときその先生に

先生のクラスはいろんな意味でとてもよいクラスだということですが

どのような指導をなさっているのですか?

とたずねた父兄がいたそうです

すると先生は

ただ生徒に恵まれただけです

とおっしゃったそうです

この姿勢が生徒を良い方向に導くのだとわされたことです

« デボーションメール20130416_マタイ12@22-50 創世記38-40 | トップページ | デボーションメール20130418_マタイ13@24-43 創世記42-43 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/51319824

この記事へのトラックバック一覧です: デボーションメール20130417_マタイ13@1-23 創世記41:

« デボーションメール20130416_マタイ12@22-50 創世記38-40 | トップページ | デボーションメール20130418_マタイ13@24-43 創世記42-43 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ