« 20130730_ルカ23@13-38 1サムエル29-31 | トップページ

2013年7月31日 (水)

20130731_ルカ23@39-24@12 2サムエル1-2

 

■ルカ24:6ここにはおられません。よみがえられたのです。まだガリラヤにおられたころ、お話しになったことを思い出しなさい。

 

★主イエス・キリストは十字架につけられ、死なれ、墓に葬られましたが、よみがえられました。何のためでしょう。あなたが生きるためです。

 

 

 

■2サムエル1:23サウルもヨナタンも、愛される、りっぱな人だった。生きているときにも、死ぬときにも離れることなく、鷲よりも速く、雄獅子よりも強かった。

 

★戦場でサウルとヨナタンが倒れた報告を聞いたとき心からそれを悼むダビデ。ダビデは彼らを恨むよりも神様が立てたものとして心か愛していたのです。ここに神様を畏れるダビデの姿が如実に描かれています。

 

 

 

■2サムエル2:1この後、ダビデは主に伺って言った。「ユダの一つの町へ上って行くべきでしょうか。」すると主は彼に、「上って行け」と仰せられた。ダビデが、「どこへ上るのでしょうか」と聞くと、主は、「ヘブロンへ」と仰せられた。

 

★主に油注がれた者として、サウル亡き後、ダビデは何をすべきかを主に聞きました。自分の願いを優先させて、それを叶えたくて願いを祈ったのではありません。主に何をすべきか、自らの思いを手放して聞いたのです。この生き方がその人を神様の御心を成し遂げる者へと導きます。ヒデ


今日も心騒ぐ一日でした。
聞くに早く語るにおそく、怒るに遅く…

なんか貧乏くじばっかりひいているみたいな気がします。
なんで私ばっかり…
つい、そんなことを思う自分が嫌いです。

きっとたいしたことじゃないんだろう、と思う。
それでくよくよ思う自分が嫌い。
神様の御心をおしはかれずにいる自分が嫌い。

でもこんなおと、あんなこと
ひとつひとつが
何を意味するのか
やっぱり考えなくては。

私って馬鹿だなあ
って
いつもいきつく先はそこ。
こんな馬鹿な私のために
イエス様は死んでくださった。


« 20130730_ルカ23@13-38 1サムエル29-31 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429720/52685512

この記事へのトラックバック一覧です: 20130731_ルカ23@39-24@12 2サムエル1-2:

« 20130730_ルカ23@13-38 1サムエル29-31 | トップページ

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ